スポンジ効果で脅威の低弾性
「 巨龍 snow flake special」ガードスポンジバージョン 0.6mm

巨龍からラインナップされている粒高「snow flake special」に同社の「ガードスポンジ」を搭載したバージョンの「特注仕様」です 軟らかく低反発のスポンジを採用することにより、非常にボールが抑えやすくなっています

 

 

スノーフレイクスペシャル(ガードスポンジ)  スノーフレイクスペシャル(ガードスポンジ) (1)

パッケージは同社の「ドラゴンタロン」等と同じ様にブリスターパック仕様となっています パッケージは通常の「snow flake special」と共通で、「特注」の様なシールも無いので、スポンジカラーで判別する事になります スポンジがソフトで復元力が弱いので、押すと戻ってくる感覚がかなり通常のスポンジより遅いです

スノーフレイクスペシャル(ガードスポンジ) (2)  スノーフレイクスペシャル(ガードスポンジ) (4)  スノーフレイクスペシャル(ガードスポンジ) (3)

粒形状はやや細めで軟らかめですが打球時に潰れすぎず、飛ばしやすい印象ですね キレや変化のあるタイプの粒はかなり倒れやすいですが、この粒は打球する時と粒を倒す時の強弱が付けやすいので、扱いやすい粒高です 反発力が驚くほど弱いので、当てるだけでは距離が出ず、常に押し気味で打球する必要があります

通常の「snow flake special」より更に低弾性となっている為ボールの抑えが容易になっており、特にカットでの失速は目を見張る物があります テンション粒のような鋭い弾道ではなく、ゆっくりと失速してボールが伸びてこないので、オーバーするような早い球筋のボールでも入ってきます 非常に切れるタイプの粒なので、低弾性との相乗効果で相当打ちづらいカットになります 攻撃とのバランスを考えると、弾むカット用ラケットでも抑えが利くほどなので、かなり弾みが抑えられている印象がありましたね

変化幅はそれ程大きいタイプではないですが、先述の「キレ」と「低弾性」が大きな特徴で、前陣異質での使用にもこの特性はかなり活きて来ます 相手のボールを確実に抑える事が出来るので、変化ショートやブロックに強弱がつけ易くなります 特にブロックは相手の強いドライブに対しても当てるだけで返球できる位の低弾性です もう少し変化があると尚バランスが良い粒ですが、変化幅は抑え目ですね ただし、キレは非常に良い印象を受けました

同じ厚さの物と比較すると圧倒的に低弾性を誇り、使いやすい粒高です 弾みすぎずに当初は飛ばすのに少々戸惑いましたが、常に押すような感覚で打球すると距離感の修正は容易ですね 不規則な飛び方をそれ程しないので、感覚はつかみやすいラバーです 揺れるような大きな変化は無いですが、切れるボールを確実に返球できる事がこのラバー最大の特徴ですね よく切れる上に止まるので、細かなコントロールが抜群です 現在はカット用でも弾むラケットを使用する事が多いので、そういったラケットでも極端に弾まなかった事が印象的でした ガードスポンジの効果が非常に良く出ている粒高でしたね

粒高
tti-labo.com