適度な硬さと弾みで使いやすい 「巨龍 TAICHI HARD」

巨龍からラインナップされているラバーは微粘着系が主流ですが、この「TAICHI」シリーズは強粘着テンションとなっています スポンジは「SOFT」とこの「HARD」の2種類です ハードとなっていますが、中国ラバーの「ハード」としては適度な食い込みがあり、打ちやすいラバーとなっています

 

タイチハード (3)  タイチハード (2)

TAICHIは漢字で書くと「太極」なので、「太極拳」を連想させるパッケージになっています カラテと同様のデザインですね パッケージが大きいのも同様です 国内で販売されている価格帯を考えると、しっかりとした作りとなっていますね

タイチハード (1)  タイチハード

粘着の質は高品質ではなくムラがありますが、強い粘着がしっかりとシートに施されています 「が」 粘着が落ちるスピードが早いので、粘着の「質」にこだわりがある場合は注意が必要です スポンジは少し硬めで弾力がある程度で、中国ラバーに多いガチガチのスポンジと比較してかなりソフトに感じますね スポンジの質感同様に打球感もそれ程硬さが無く、飛ばしやすいラバーです 適度な反発力を持っているので、従来のの粘着の様な「回転はかかるが飛ばしにくい」というラバーではないです 粘着テンションなので、非粘着と比べるとややボールの飛び出しは早いですが、かなりコントロールしやすいですね 弾みは良い方なので、飛距離もまずまず出ていました 球質が中国ラバーの中ではクセが少ないので、変則的なボールはそれ程出ない印象です

粘着が落ちた後でもズルズルと滑る程ではないので、ある程度の使用には耐えられる印象です テンションの割に弾み過ぎないですが、クセの強い物が多い強粘着ラバーの中ではかなり使いやすいです 劣化スピードは反発に関してはゆるやかで、それ程急速に劣化する印象は余りありませんでした 攻撃に関しては安定性の高いラバーです 軟らかすぎずに弾むので、強粘着ラバーの中では弾き飛ばしやすいのは大きいですね ドライブに関しては鋭い弧線 という程ではないですが、回転性能はこのクラスの中では高いです スピードもまずまず出るので、バランスの良い粘着テンションです 特にサーブや台上で長短がつけやすい印象でした 小さなプレーは特にやりやすい印象で下値

ハードと銘打っているスポンジの割には食い込ませやすいので、従来の粘着が難しいと感じる場合はTAICHI HARDは回転もかけやすく飛ばせるのでお勧めです もう少しクセ球があると尚中国ラバーらしさがある印象でしたね ちょっとクセ球が弱いです その代わりに使いやすさと良いバランスを保っています スポンジやラバーに強いクセが無いので、ラケットとあわせやすいのもグッドです 欲を言えば粘着の「質」ですかね 使用直後はかなり強い粘着ですが粘着の落ちるスピードが早いので、粘着の質の向上があると更に粘着らしさ+適度な弾み でラバーに穴が無くなる印象がありますね 価格帯を考えるとかなり頑張っているラバーなので、継続使用が可能なのも大きいです 何より「使いやすさ」があるので、粘着ラバーで飛ばしたい場合はお勧めですね