強烈な引っ掛かりと金属音「STIGA CALIBRA LT SOUND」

STIGAから登場している「CALIBRA」シリーズから、ソフトスポンジバージョンである「CALIBRA LT SOUND」(キャリブラLTサウンド)です シリーズ共通では「引っ掛かりのよさ」が特徴ですが、この「CALIBRA LT SOUND」は引っ掛かりのよさや球持ちに加え、「サウンド」とラバー名にある通り、「金属音」も特徴の一つとなってます

 

キャリブラLTS   キャリブラLTS (1)

 

シリーズ共通のデザインです カラーリングを変えて、シリーズをラインナップしています STIGAのラバーは基本的に「日本製」が多く、このシリーズも「日本製」です 日本製ということもあり、ドイツテンションとは打球感や質感でかなり違いがありますね

 

キャリブラLTS (2)   キャリブラLTS (3)

 

一見すると「本当に引っ掛かりがあるのか?」と言う位、シートがサラッとしています 質感はツヤが無く、ドイツテンションのツヤのあるしっとりとしたシートとはかなり違いがありますね スポンジはかなりソフトですが、指で押すと弾力がありしっかりとした印象です 打球感はソフトですが球離れが良いので、思ったよりもラバーがボールをつかみすぎません 強めに打球すると高い金属音と共にボールが飛び出していきます ここはさすが「サウンド」という名がついている通りですね

 

「サウンド」と名がつくラバーの多くはソフトで扱いやすい分球威の面で差がでますが、このラバーに関してはかなりイメージと違います 柔らかいラバーでコントロールはやりやすいですが、初速に優れ、弾性がかなりありますね 「使いやすくて威力が出る」という印象がまず最初に来ました 金属音が軽いタッチでも出るので、打っていて楽しいラバーでもありますね 非常に音が高く、大きいので「グルー疑惑」を持たれる位良く音がなります

 

スピードはサウンド系ラバーの中では抜群に良いですね 他社のソフトなドイツテンションと比較しても遜色ないくらいのスペックです 強打した際にはさすがにかなり食い込みますが、潰れすぎて減速するという事はあまり感じられませんでした これによりハードヒット系の際にも安定と威力のバランスが取りやすくなってます 食い込みと強烈な引っ掛かりの影響で回転はかなりかけやすく、良くかかります 特に「弧線軌道」が特徴的で、山なりの強い回転がかかったボールが飛んでいきます ボールの質は素直ですが回転量が多く安定して打てるので、連打で押して行く事が可能ですね フォア用としては少し力不足ですが、バック用としては高い安定性に加え、サウンド系でも威力あるボールが出せる事は大きいです 非常に軽量なので、重量に関しては問題なしです 同社の超軽量ラバー「イノーバウルトラライト」よりはこちらの方が圧倒的に性能が優れているので、実戦で使用するならこちらの方がいいですね

 

かなりソフトなのでラケットを選びそうな印象がありましたが、思ったほどラケットは選ばないですね 木材(ローズウッドNCT V)で使用した際にはより回転がかけやすいラバーでしたが、 素材ラケット(SST)の場合はスピードも確保できるので、タイプに合わせて調整がしやすいです これは少し意外でした  ほとんど穴の無いラバーではありますが、難があるとすると「やや寿命が早い事」ですかねえ 約1ヶ月程度で徐々に弾みが落ちだすので、ここ最近のラバーの中では耐久性はすこし低めです とはいえ、総じてスペックの高いラバーではあるので、オススメなラバーですね 軽いですし、バック面で使用するにはかなり良いラバーです  使いやすい上に威力も出る バランスの良いラバーですね