クセが無いバランスタイプ中国ラバー 「銀河 月」 39度

低価格路線の物が多い「銀河」製のラバーは価格通りの品質のバラツキが多い物が一般的でしたが、この「月」や「太陽」は同社のラバーと比較すると品質面ではかなり向上しています

 

DSC_0050.jpg   DSC_0066.jpg

 

パッケージは名前の通り「月」が前面に来ています 太陽は明るいカラーリングで目立つパッケージでしたが、「月」は黒をベースにした全体的に抑え目のカラーを基調としています 個人的にはこちらの方が好きですね

 

DSC_0052.jpg   DSC_0053.jpg

 

ラバーにうっすらと粘着がありますが(かなり薄い)、この粘着が回転にはあまり影響しない印象でした 今までの同社のラバーと比較すると、品質が驚くほど向上しており綺麗です スポンジ硬度は「39度」の物を使用していますが、他社の粘着ラバーと比較するとかなりソフトな印象を受けます 同社の「APOLLO」等と比較してもソフトですね

 

打球感は弾力のあるスポンジの為、かなりソフトです 弾みが厚さの割にそれほど強くなく、反発力は抑え目ですね ソフトなテンション系特有の「食い込んだ後の飛び出し」があまりないですねえ 弾みがおとなしいのでコントロールはしやすく、安定感はありますね ラケットを高反発の物にするとバランスが良くなるのではないでしょうか 木材のみで当初使用(crack PRO-7)しましたが、弾みが足りずかなり物足りない印象でした その後、特殊素材(郗恩庭 X868)で使用しましたが、このラケットでまあまあ弾みが確保できた印象でしたね

ソフトで弾みが抑え目なので、主にバックで使用しました 扱いやすいラバーではあるのですが、「扱いやすすぎる印象」が強かったですねえ ラケットとの組み合わせが重要になってきます スピード性能や回転性能が優れた印象はないですが、回転のかけやすいラバーではありましたね ボールをしっかりと捉えて弧を描く印象でした(回転はそれほど強くはないですが)ハードヒット系にはあまり適さない印象でしたね

厚さのあるラバーに慣れていくにはおススメなラバーです ステップアップ用な印象でした バックに適しているラバーですね 弾みが抑え目だと安定しますし、高反発なラケットだとブロック等が攻撃的になるので、様々なラケットに合わせやすい印象でした 高性能ではないですが「使いやすさ」が前面に来るバランス型のラバーですね