普及用にも妥協無き品質
「DARKER SPEEED25PI」 角型

説明不要の高品質を誇る「DARKER」の檜単板ラケット「スピードシリーズ」ですが、価格を抑えたモデルも登場しています この「スピード25PI」はスピードシリーズの中では最も安価ですが品質や作業面に妥協が無く、同価格帯の中では驚くほどハイレベルな仕上がりとなっています

スピード25PI 角型 (1)   スピード25PI 角型 (2)

一見すると通常のスピードシリーズのようにも見えます これが普及モデルとは思えない品質ですね 檜ラケットの「香り」もしっかりと漂いますので、木の質もかなり良い物を使用しているようです ラケットサイズは「255×132mm」程度、内グリップが「92×21mm」程度となっていますね 球離れが早めで弾きの良いラケットとなっています スピード15よりやや硬質な打球感をしています

スピード25PI 角型 (4)  スピード25PI 角型 (6)

スピード25PI 角型 (7)  スピード25PI 角型 (5)

厚さは「9mm」です 弾性はこのクラスのモデルにしてはかなり良く、他社の同価格帯のモデルとはワンランク上の品質・性能をしている印象です 普及用とはいいながらもスペックの高いラケットといえますね 軽量単板ですが打球感が軽くなりすぎず、檜の良さが存分に味わえるラケットです 少し硬め弾くので、ボールを捉えてドライブをかけるよりもスマッシュで打っていく方に向いているラケットですね スピード15や90の「球持ち」は25では薄めです 20が速攻用の球離れが早いモデルなので、こちらをベースに使いやすくした印象ですかね

スピード25PI 角型  スピード25PI 角型 (3)

このラケットにもしっかりと「面取り」が施してあり、ラケットに対して妥協を許さない、メーカーの気質が窺えます また、安価なモデルの檜は近年、かなり「斜目」が目立ってきていますが、このラケットは他社の同価格帯のモデルと比較して「柾目」で、斜目ではないですね この辺りはさすが「DARKER」 といえる部分ではないでしょうか 合板ラケットでもそうですが、安価なラケットの品質が相当高いので「最初の一本」としてもお勧めできるメーカーです フィーリングが抜群なので「打球感」が特にわかりやすいメーカーですね

他のスピードシリーズと比較しても弾みが極端に少ないという事はないので、更に威力を求める場合や打球感・プレースタイルによって変更する位でしょうか 強いて言うなら「ドライブのやりやすさ」はスピード15やスピード90の方が圧倒的にボールを捉えるので、檜本来の「吸い付く打球感」を求める場合はやはり先の2本から選ぶ事になりますね 安定的にドライブをうつなら「15」安定と威力を追及するなら「90」という位置づけです 25PIはグッとボールを掴まえずにボールが離れるので、少しソフトなラバーにして打球感を調整するとより使いやすくなります 威力を求めるなら硬めで弾みの良いラバーでも比較的あわせやすい印象です こちらの方は弾道が直線的になるので、取りづらいボールが出しやすくなりますね

正直「どこが普及用?」といいたくなる品質・スペックを持っています 檜の打球感を残しつつも少し硬めで飛ぶようになっていますね 差がある理由としては「フィーリング」でしょうか このラケットでも十分優れたフィーリングを持っていますが、同社の看板である「スピード15」や「スピード90」と比較すると球持ちにかなり差異があります スペック的にはペンドライブ型よりは前陣での速攻に向いているラケットですね 球離れが良いのでスマッシュの方がやりやすかったです このラケットが更に球離れや弾性が良くなると「20」や「70」となっていきます ドライブよりも強打を重視する方がラケットの特性を活かしやすい印象を受けましたね 角丸型であれば表ソフト速攻も選択肢に入りますので、弾みの良いラバーとの組み合わせてスピードで押し切る事も可能になります 品質・性能・コストパフォーマンスの良さ 全てを兼ね備えたラケットと言えます 普及用でもハイスペックなラケットです

DARKER
tti-labo.com