貴重な映像が満載「国球冷桑」

CCTVがドキュメンタリーを組んでいたらしい、かなり昔の貴重な映像が満載されたDVDです 名前ですが、日本にない漢字が一部あるため、似た漢字を当てています (コピー&ペーストでも良かったのですが、文字化けなどを防ぐため) 中国初の世界チャンピオンである「容国団」氏の映像等、いまや中国でも伝説の人物が登場しており、卓球好きにはたまらない物となってますね

 

DSCF2383.jpg   DSCF2384.jpg

 

写真中央にカップを持っているのが「容国団」氏です 1959年ドルトムント大会で見事に優勝しています その後は1961年の世界選手権で団体優勝(決勝は日本)その後、1964年に当時の女子ナショナルチームのコーチとして団体戦優勝に導いています 選手としての実績とコーチとしての実績、どちらも優れた足跡を残しておられる方ですね 残念ながら若くして亡くなっており(1937~1968)中国卓球界にとっては特別な方ではないでしょうか

 

DVDの内容は卓球の歴史から始まり、中国卓球の1950年代から1970年代くらいの出来事を含めた物のようでした この年代といえば日本がかなりリードしていた時代でしたねえ・・・・・ インタビューに答えているメンバーも超大物ばかりです 当時、同じ中国代表として出場していた「王伝燿」や現在でも重鎮として活躍する「徐富生」 ペンホルダー両ハンド前陣速攻(裏面使わない)を確立し、世界選手権個人三連覇をなしとげた「荘則棟」等等、この年代の方ならすぐにわかる重鎮たちが当時のこと等を語っているようです

 

最後に90年代から2000年代前半にかけての活躍の事が語られ終了となります 現在の中国卓球の隆盛はご存じのとおりです 1970年代後半くらいからの映像はたま~~~に見る機会はありましたが、1950年代や60年代の映像が見れるのは非常に感動ですね しかも当時の中国ナショナルチームのアップで撮影されているので、かなり貴重だと思います 「文化大革命」等で、当時の中国卓球界にも暗い時代があったようですが、現在の活躍の前にはこのような時代があったんですねえ 言葉はわからないのが残念でしたが、中国卓球の歴史を知る非常に貴重なDVDでした