主に台上が中心 ジュニア向け
「TABLE TENNIS SINGLES TECHNOLOGY」

卓球を始めたばかりの低学年向けに作成されているDVD「TABLE TENNIS SINGLES TECHNOLOGY」です

  

パッケージ及びレーベルは「王皓」選手ですが、指導される子供に「ペンプレイヤー」はおらず、主にサーブ・レシーブと台上プレーを中心に開設されています

内容はまずサーブが10~15分程度続き、その後ストップ、ツッツキと続きます ツッツキから攻撃に転じるプレーなど、基本的な技術から連動するようにつなげて指導をしていく方法は一本打ちからラリーを続けるように指導していく日本とは大きく異なります サーブもフォア打ちがそれほど出来ないような小さな子供にも積極的にさせていきます

次にツッツキの練習では入れる練習ではなく、「切る」事や長短も交えた「不規則性」がレベルにかかわらず入っています また、あえて長いツッツキを出し打たせるようにもって行ってますね 自然にラリーになじませる様にしています 一本の技術を確実にできるようにしてから次の技術に写るのではなく、ラリーなどの「流れ」で必要な技術が自然と実につくような方法に見えますね 極端なクセがついたり、角度が間違っている場合は修正が入りますが、あまり事細かな指導はしていません 本人にとって「合理的」な角度や打ち方はこの段階で身についていく印象ですね

冒頭三十分程度はこのような感じで進んでいきますが、その後はギターの音色に載せてかなり端折られているのが・・・・・・・一応「多球」等、様々な練習が紹介されますが、ダイジェストでささっと流されていきます その為、ボイス付の詳細解説が得られるのは冒頭30分だけですね かなり作りが雑でした┐(´ー`)┌ ですが、サーブを指導の一番最初に持ってくるなど「中国卓球」が重要としている部分は相当早い時期から教え込んでいきますね 台上やレシーブで意識の高さはこの次点で培われていくのでしょうねえ・・・・ 雑ではありますが、中国らしさがわかるDVDでした