優れたナックル性能が特徴「XIOM VEGA SPO」

使いやすさとスペックのバランスの良さに加えて、際立ったコストパフォーマンスで人気を博している、テンション系裏ソフト「VEGA」シリーズがさらに拡張し、表ソフトもラインナップしています「VEGA SPO」は42.5°とドイツテンション系の表ソフトとしては硬めとなるスポンジを採用していますが、裏ソフトのVEGA同様に使いやすさを損ねずに特徴ある表ソフトに仕上がっています

  

パッケージはシリーズ共通ですね シルバー系の光沢ある背景に「V」の字が大きく真ん中に配されています カラーリングはVEGA ELITEの様なピンク系のカラーですが、VEGA SPOは暗めのカラーとなってます

    

スポンジ硬度はドイツ系の表ソフトとしては先に書いた様に硬めのスポンジ硬度を採用しています 同等の硬度を採用したラバーと比較するとVEGA SPOは弾性や球離れは極端なものではなく、弾みがありながらも扱いやすい印象です この辺りは「VEGAらしさ」がありますね 粒配列は縦目となっており、やや太め 少し間隔が開いている程度ですかね スポンジは特徴ある「カーボスポンジ」テイストですが、こちらの方が密度が少しあるかな という印象です 打球感自体は硬いものではなく、食い込んだ後に飛び出す という点ではドイツ系の表ソフトの特徴ですね

弾性はドイツ系の表ソフトの中では控えめな印象で、極端な球離れがないです 弾みの良いものは食い込んだ後の飛び出しがかなり強烈ですが、このラバーに関しては食い込んだ後の飛び出しや弾道は極端なものではなく、弾みが良いが扱いが難しすぎる という様な部分は無いですね 直線的な弾道とスピード性能はスピードタイプの表ソフトらしい特徴を備えていますが、軽く当てるだけで飛び出す様なラバーでは無いので、この手のラバーとしては操作性が良い点が特徴です スペック的な面ではかなりナックルの質が高く、非常にナックルが出しやすい事に加えて良く止まる印象ですね かなりクセのあるボールが出せる割に滑りが少ないので、ここが印象的な部分でした また、ここまでのナックル性能があるタイプのラバーとしては回転がかけやすい為、トータルでのバランスもまずまず良いですね

スピード系のテンション表といった印象ですが、球離れや弾性が極端では無いので扱いやすくなってます 同程度のスポンジ硬度を採用している表ソフトではスピードや球離れが極端に早い代わりに扱いが難しくなるので、硬さと使いやすさを優先する場合にはVEGA SPOが選択肢に入ってきます 球離れの関係で少し弾き辛さは出るものの、食い込みすぎない点が良いですね また、ナックルの様な変化性能がかなり高い割に滑りが少ない点が特徴で「変化は出るが滑る」というのが無いのは驚きました 比較的回転がかけやすい点もあるので、総合力の高い表ソフトに仕上がっています 弾みすぎないので台上やサーブ・カウンターやショートの様な細かな部分での調整がシビアにならないのは良い所ですね 際立った回転性能やスピード性能を有しているラバーではないですがナックルの性能は素晴らしく、使いやすさのあるテンション表ですね

tti-labo更新情報はこちらから
表ソフト
tti-labo.com
タイトルとURLをコピーしました