ややハード+響きが特徴「DARKER リベルタアークス」

イザナスカーボンを採用したラケットである「リベルタ」シリーズの特徴としては「ソフトフィーリング+高反発」である事が主な特徴ですが、この「リベルタアークス」は打球感が硬質で響きが強くなっており、シリーズの中では異質のものとなっています

 

  

 

ブレードサイズはメーカー表記で「157×150㎜」と平均的なサイズです 茶褐色のスモークした上板が大きな特徴となっています イザナスカーボンを内側に配した所謂「インナータイプ」のラケットです 合板構成は「木材5枚+イザナスカーボン2枚」とベーシックな構成ですね 板厚は「5.6㎜」と薄めに仕上げられており、リベルタシナジーと比較すると、しなりを更に重視した設計となっています

 

  

 

  

 

グリップサイズはメーカー表記で「100×25」となっています(FL) 少し細さが目立つFLグリップで、ラバーを貼った際の重量バランスがややラケット側に偏る印象ですね 握りこむには少々サイズが細すぎる印象を受けます グリップは丸みを帯びておりフィット感のあるグリップですが、細身の影響でグリップのぐらつきが気になる所ですね

 

リベルタシナジーやアウターであるリベルタシナジー+と比較すると、打球感に硬さが出ており、響きが強く出ている点がこのラケットの大きな特徴です 特徴である「掴み」を大きく損ねる様なラケットではないですが、リベルタシナジーの様なフィーリングではないですね また、弾性については先の2本と比較すると控えめな印象を受けます やや飛距離が出づらいですが、僅かに球離れが早くなっている印象です 硬さや響きがありながらボールを捉えて飛ばすタイプのラケットなので、回転がかけ辛い というラケットではないです

 

トップ仕様に位置するスポンジの硬いラバーと合わせた場合、ラケットの特徴である硬さや響きがあるものの回転をかける際にバランスを損ねる様な事は無いです 打球感としては軟らかすぎない打球感となる傾向ですね ラバーの弾性が強いものと合わせる事でリベルタアークスのしなりと弾きのバランスが良くなり、回転をかけながら飛ばす際に特殊素材に多くある、硬くて弾きが強すぎる打球感 という事にはならないですね この硬さや響きを避けるにはリベルタシナジーの方が適していますが、フィーリングがかなりソフトになる事や弾性や飛距離が上がるので、前陣でのコントロールが難しくなってきます 硬さを回転のかけやすさのバランスを取るタイプのラケットとしては板厚が若干薄くなり、弾性を少し抑える事になりますが、リベルタアークスの方が適しています

 

表ソフトの様なハードヒットを主体とするスタイルには打球感のバランスではリベルタアークスは良いですが、ラケットが「しなり」を重視している設計であるため、弾いた際の球離れがそれ程早く無いので、ラバーを選ぶ傾向にあります 直線的な弾道でスピードを重視する場合にはラバーの弾性が優れたタイプの表ソフトを選ぶ必要がありますね 変化系や高弾性といった弾みを抑えて変化や攻守のバランスを重視する場合、弾いた際にボールが飛び出さないので、ここが好みの分かれてくる所です 回転がかけやすくなる為、ドライブとスマッシュのバランスはとりやすくなりますね

 

 

リベルタシナジーと比較するとインナータイプの感じがより出ているラケットですが、硬質で弾きがあるので、掴みすぎて飛ばし辛い というのは軽減されています とはいえ球離れは早いラケットではなく、弾性も際立ったものではないので、ある程度ラバーでカバーする必要がありますね 中国系の粘着ラバーでは弾性を強化したものもありますが、こういったラバーと合わせると、やや弾性面で物足りなさのある傾向です 重量のあるラバーと合わせるとグリップがかなり細い関係でバランスがラケット側に寄ってしまう点が好みの分かれる所ですね バランス面は気になります 板厚の薄いインナータイプのラケットとしては弾みの良さと硬さや弾きが特徴的なものとなっています 回転のかけやすさを損ねずに弾性やスピード面をアップさせているラケットです スピードや飛距離を大きく引き上げる場合はインナーで板厚が少し厚くなるリベルタシナジーの方が良いです ただしこちらはフィーリングがかなりソフトで打球感も響きが皆無となるので、リベルタアークスの様な硬さや響きは無いですね

 

リベルタシナジーの方がより特殊素材らしいスペックではありますが、リベルタアークスはインナーでありながら掴みすぎない という所が良いですね 回転をかける際に硬質さや弾きの関係で飛ばし易くなっているので、これが大きな特徴です また、コストパフォーマンスがリベルタシナジーと比較すると抑えめになっている点が良いですね 板厚の薄いラケットで飛ばし易くするには良いラケットですね

 

 

DARKER
tti-labo.com
タイトルとURLをコピーしました