中国製新スポンジを採用 硬すぎず飛ばしやすい「VICTAS スピンピップス D2」

回転系表ソフトの代表的なラバーとなっていた「スピンピップス」をラインナップしていた「TSP」というブランドが「VICTAS」に統合され、新たに「VICTAS」ブランドとしてラインナップされたのがこの「スピンピップスD2」です シリーズ化されていますが、テンションスポンジを採用しているのは現状このD2のみとなってます

 

  

 

パッケージはVICTASブランドはシンプルなものを基本としている様ですね 先に登場しているドイツ製表ソフト「VO」シリーズとデザイン的には同じです よりシンプルに大きく「D2」の文字が目を引きます これまでスピンピップスは「シートは中国製、スポンジは日本製」という構成でしたが、スピンピップスD2では「シート・スポンジ共に中国製」となっており、ここが大きな違いですね メーカー表記でスポンジ硬度は「37.5°」となっています 打球感は中国系のスポンジとしては食い込みが良く、ハードなスポンジが多い中国製表ソフトの中ではかなり打ちやすいラバーとなっています

 

    

 

シートに関しては「スーパースピンピップスを継承」とあるので、基本的にはスポンジ等の調整で違いを出すシリーズとなっている様です その為、打球感や摩擦力はスーパースピンピップスに通ずる部分は多いですね プラボールでも高い回転性能は健在のトップシートとなっています スポンジは中国製のテンションスポンジですが、日本製やドイツ製のテンションスポンジと比較すると弾性は控えめで、弾性に関してはラケットでカバーする必要があります 見た目的にはドイツテンション表の「VO」シリーズの様なスポンジですが、反りが少なく中国表としては軽量な点が特徴となっています

 

弾性は先に書いた通りテンション系としてみると控えめですが、中国製の表ソフトしてはまずまず良い打球感を有している印象です 打球時に食い込みがあり、球離れは少し抑えめとなっているので、弾きや硬さを重視する場合にはラケットでの調整が必要になってきます 硬すぎない事でドライブとスマッシュのバランスが良く、特にドライブは打球時に球離れが早すぎて回転をかける前に飛び出してしまう という事が無いのは良いですね 台上で弾みすぎる事が無いのでフリックやツッツキといった小技に安定性を出す事が可能です また回転性能はスピンピップスの名を継承しているだけあってプラボールでも摩擦力の高さを発揮しています 中国系らしいナックルボールもより出しやすくなっています 下がるには厳しい弾性ですが、前陣で早い打点での強打やドライブに威力を発揮するラバーとなってますね

 

 

スピンピップスブルーやレッドではなく、スーパースピンピップスの延長上にあり、正統進化版 というラバーですね 回転系表ソフトらしく、高い回転性能が魅力です スーパースピンピップスでは弾性が極めて控えめだったので、飛ばし辛さのあるラバーでしたが、スピンピップスD2ではテンション化されたスポンジが採用されているので、大きく弾性面での不足はカバーされています とはいえ、テンション表全体で見ると控えめではありますね また、スポンジの食い込みの後の球離れが早いとは言えないので、ここが少し好みの分かれる所です コスト的はやや上昇してしまいましたが、オール中国製で程良く弾む高い回転性能を有した表ソフトというのは貴重です