国仕様+ブルースポンジで登場 弾性大幅強化
「銀河 木星3国 ブルースポンジ」38度

惑星の名前を用具に冠する事が特徴の中国メーカー「銀河」から登場している粘着ラバー「木星」はかなり前からラインナップされている同社のロングセラーラバーの1つですが、そのラバーが「国仕様」というグレードアップに加えて「ブルースポンジ+已打底」を採用したバージョンで登場しています

supported by

「卓球中国ラバー専門店MASAKI」

 

  

木星シリーズも「3」という事で3世代目に入っています パッケージには「国木」と入る等、「国仕様」を前面に出したものとなっていますね そして写真等をパッケージに使用していた初代のシリーズと比べるとシンプルです ですが凝った作りにはなっています

  

  

国や省グレードとなるとラバーの形状に若干の変更を加える事は珍しくないですが、木星3国では六角形となっています 紅双喜では省クラスのラバーに採用されている形状です 紅双喜と比較すると、カットした部分が少し浅いですね スポンジ硬度は38度です 已打底によってかなり食い込みが良くなりますが、ベースのスポンジ自体もあまり硬さは無いですね 重量があり密度のあるスポンジや強い粘着を帯びたトップシート等、ベーシックな粘着ラバーらしい特徴を備えていますが、打球感は比較的軟らかめです 軽く食い込んだ後に優秀な飛び出し方をして飛んでいきます 食い込みの良さがある割に弾道は直線が強めです ですが弾道は弾道は弧線が作りづらいという事はなく、ループ・スピードどちらのドライブも打ちやすいですね

已打底効果による影響は非常にあり、弾性と食い込みが大幅に向上している印象です 特に弾性やスピード性能は顕著で、粘着ラバーとしては非常に優れています ベースのラバーのスペックを考慮すると、大幅なスペックアップです 重量があるのである程度振れる必要はありますが、かなり軟らかくなる上に飛び出しも良くなる為、他社の国仕様クラスに要求されるインパクトを必要とせずにスピードが出せる点は魅力ですね 台上や前陣で小さく振った際に従来型の粘着ではかなり硬いので回転をかけるには非常に力を必要とするラバーですが、このラバーに関してはこういった部分で特に威力を発揮します 強めの粘着があるので擦る事で回転をかける事も可能ですが、回転性能に関しては物足りない印象 この辺りは回転性能が際立った同クラスのラバーと比較するともう少し粘着による影響は欲しかった所です どちらかというと食い込ませ易さを活かして回転をかけた方がよりラバーの特性を活かしやすい印象です

国グレードにまで引き上げられたラバーとなっている為、ベースのラバーと比較すると大幅なスペックアップを果たしています それでありながら打球時の食い込みの良さや回転のかけ易さを損ねていない為、使いやすく・飛ばしやすいタイプのラバーです 特に弾性は已打底の効果により大きく弾性アップを達成している為、非常に優れたスピード性能を有しています 国仕様のラバーとなると強いインパクト等が必要となり扱いが難しいタイプのラバーとなるのが一般的ですが、スペックアップと使い易さの両立をしているのは良いですね 重量があるラバーなので、総重量がネックとなってきますが、軟らかめの打球感であるので特殊素材系ラケットと組み合わせる事も可能になってきます

使いやすくスピードや飛距離が出るラバーとしては優秀ですが、回転性能や回転の質の部分では国仕様を謳うには少し厳しくなりますね 「国」というグレードを冠したラバーなので、もう少し といった所です スピードを優先したラバーとしてみてみると非常に良いです 後は従来型の粘着ラバーらしさを残してはいますが38度では食い込みが強いので、硬さを出す場合にはスポンジ硬度は上げた方が良いです 総合的には大幅なスペックアップをしており、粘着ラバーとしては抜群のスピード性能を誇りながら使いやすい点が魅力のラバーといえます コストパフォーマンスも国グレードとしては抑えられていますので、国仕様テイストで使い易さを優先するラバーとしては良いですね