直線弾道+ソフト
 「TUTTLE 国套Ⅳ 快攻」 2.1mm 36度

中国メーカー「TUTTLE」から長くラインナップされている裏ソフトラバー「国套」 バージョンが新しくなる毎に当初の様な「強粘着」な中国ラバーではなくなり、非粘着に近い中国系テンションへ変化していっています 今回のバージョンでは球離れの早く、直線的な弾道のラバーとなっています

 

国套Ⅳ快速 (2)  国套Ⅳ快速 (4)

真空パック+皮膜無し内蔵已打底 というのが今回共通している国套です パッケージは相変わらず極シンプルです このパッケージ 他の国套シリーズとの違いが分かりにくい為、注意が必要です 裏面には国套のバージョンやシールで硬度、厚さは掲載されています

国套Ⅳ快速 (1)  国套Ⅳ快速 (3)

ラバーの質感は良く、ザラッとしたシートが特徴ですね 粘着は殆ど無い「微々粘着」という印象です 同シリーズの「国套Ⅱ」では「微粘着」となっているので、微粘着でも良い かな という様なシートですね ラバーのスペック自体も似ている為、違いが分かりづらいラバーでもあります 打球感は硬度が「36度」ということもありかなりソフト 中国ラバーらしさは皆無です ですが食い込んだ後にラバーが潰れずに弾き出してくれる為、飛ばしやすいラバーです 球離れが早いですが、食い込ませやすいラバーなので、打ちやすいですね

弾性は已打底内蔵という事で中国系のテンションラバーとしては高い弾性を有しています 弾道は直線的ですが、前述したスポンジのソフトさがある為、コントロールのしやすいラバーです シートで回転をかけるタイプではないラバーですが、このスポンジであれば食い込ませるドライブは容易です 回転性能は高いスペックではないですが、スポンジによるスピード性能が特徴ですね スピードが出しやすいラバーなので、強打主体のプレースタイル向けですね

シリーズ初期と比べると強粘着ラバーではなくなっていますが、スピード性能はかなりアップしています 今回の「国套Ⅳ 快攻」では、より特徴がはっきりとした印象ですね ただこれは「国套Ⅱ」にも言える事なんですが・・・ このラバーの良さとしては36度と言う非常に軟らかいスポンジでありながら、潰れすぎて飛ばしづらい という事がない点ですね スピード性能も良好です 粘着が殆ど無い(粘着の様なものが微かにあるものの、擦れるほどではない)為、バック用としても使いやすいラバーです 軟らかさと弾きやすさがある+従来型の已打底の様に重量が増加しない というのも利点でしょうかね ネックはやはり回転性能ですね スピード型と割り切るラバーです とはいえコスト面等を考慮すると良いラバーではありますね 中国ラバーのテイストはかなり薄くなっていますが、軟らかく飛ぶラバーとして変化していますね