少しだけハードバージョン
「アームストロング W-α EX X」 黄色スポンジ

アタック8で知られる老舗メーカー「アームストロング」もラージボール登場以降、多くのラージボール用ラバーをラインナップしています この「W-α EX X」も2種類がラインナップされており、「赤スポンジ」「黄色スポンジ」がラインナップされています その内の「黄色スポンジ」は硬度が少しだけハードなバージョンとなっています

W-a EX X (2) 黄色スポンジ  W-a EX X (3) 黄色スポンジ

基本的なパッケージは青をベースとしたタイプです 判別する為に様々なシールを貼っている所がここのメーカーの特徴ですね なのでパッケージがシールだらけ という事もあります 黄色スポンジの硬度は「27°」です 赤スポンジが「25°」なので、ややですがハードなスポンジとなっています が 打球感はそれ程ハードではないです

W-a EX X (4) 黄色スポンジ  W-a EX X (5) 黄色スポンジ  W-a EX X (1) 黄色スポンジ

粒の配列は縦目 同社のラージ用ラバーとしては気持ち粒が大きいですかね 粒形状は台形です 粒の間隔は離れてますね 非常にソフトなスポンジで同社の特長的なスポンジである「PZC-SP」スポンジを採用しています PZC-SPスポンジは「25°」が多いので「27°」のバージョンは珍しいですね 前述していますが、打球感は25°のスポンジと比較すると非常に少しですがハードです ですが極端に飛び方や打球感が替わる印象ではないですね 差異は非常に小さい印象です プラスチックボール後は少しだけ打球感も硬くなったので、潰れすぎる という印象は少し薄くなっています

弾性はラージボール用ラバーとしてはやや弾む程度です テンション系の様な強い弾みではないですね コントロール系よりは弾み、テンション程は弾まない といった弾性です 回転性能は非常に高く、公式と同じ打球で回転をかける事が可能なので、移行の際の違和感はかなり少ないですね 軟らかいスポンジが食い込んで球を持ってくれるので、かなり掴む印象です 加えてシートの引っかかりも良好なので、回転性能は特徴的ですね 弾道はかなり弧線を描きます 飛んでくれるラバーではなく「飛ばすラバー」といった印象ですね

回転を重視したタイプに少しだけスピード性能がアップした という感じですね 比較として「赤マーク 1-1 PZC-SP」と比べると、若干ですがスピードは出ます ですがスピード+回転のバランス型 というラバーではないですね ドライブは非常に打ちやすいですが、ハードヒット系は食い込み後の弾きが弱いので不向きです クセは無く使いやすいラバーですが、硬式のプレースタイルから移行する場合は裏ソフトのドライブ主戦型向けですね 強打を主体とするプレーには弾性がおとなしい+球離れが遅い ので不向きです  とはいえラージボール用としては高い回転性能と硬式からの移行のしやすさ、使いやすさは印象的です 弾性の強さがもう少しあると、バランスとしては良くなるラバーでしたね 回転性能が高いだけに少しもったいないですね

ラージボール
tti-labo.com