マイルドに変身「海夫 藍鯨Ⅱ 昇級版」 39度 

海夫ブランドの名を世に知らしめたラバー「藍鯨」が新しいスポンジを搭載し「昇級版」として新たに登場しています 元の藍鯨は「黒いスポンジ」が特徴的でしたが「昇級版」では黒・赤共通の「赤いスポンジ」となっています

 

DSCF3439.jpg   DSCF3440.jpg

 

新しいパッケージは青を基調に鯨のしっぽが特徴的なデザインに仕上がっています  パッケージも旧バージョンの「黒」をベースにしたパッケージと比較すると全体的に軟らかい雰囲気に替わっていますね 現在、硬度表記は「硬・中・軟」となっていますが、これは前期の硬度表記の為「39度」となっています 現在の表記としては「中~硬」に相当します

 

DSCF3441.jpg   DSCF3442.jpg

 

ラバーはシリーズおなじみの「已打底」です このラバー 接着層をはがして「末打底」状態にしてラバーを貼ると、スポンジの色がラケットに写ってしまう可能性があるので注意が必要です タイトルに「マイルド」と書きましたが、これは打球感がまさにそうです 旧藍鯨は球離れが早く、硬めの打球感でスピードが出るラバーでしたが、昇級版はスポンジが柔らかくなり、球持ちが良くなっています

全体的に旧藍鯨に比べ「使いやすく」なっています 反面、藍鯨独特の弾道が影を潜めていますねえ 直線的でシャープな弾道ではなく、弧をかなり描くようになっている印象でした 弾みが旧と比較するとおとなしいですね ボールをしっかりとつかむので、回転はかけやすくなっています 早い打点で攻める速攻タイプからラリーを中心に組み立てるようなタイプに替わっている印象ですね 若干ですが重量も軽くなっている為、旧藍鯨を敬遠していた方も使いやすくなっています

 

旧と比較するとおとなしくなっている半面、万人受けするラバーに替わっていますね 旧は球離れが早く、回転をかけるにはある程度慣れが必要でしたが、昇級版はボールをつかむため、回転がかなりかけやすくなっています スピード性能が若干減退している印象ですが、安定感はこちらの方が上ですかね クセのある独特のボールは旧程ではないですが出ます

 

旧藍鯨程の勢いは感じませんでしたが、安定感があり、ラケットを選ばない物に仕上がっています 最近は中国ラバー+特殊素材も珍しくないので、それを意識した仕様かもしれません 個人的にはもう少し弾んでほしかったかなあ 五枚合板(ティバーフォーエス)では弾みが物足りなかったですね  この「昇級版」は国家隊仕様も存在していますので、そちらなら弾み等の問題はすべて解決するかもしれませんね 通常版との「違い」をぜひ比較してみたいと思います

裏ソフト
tti-labo.com