強粘着を使ってみるなら「紅双喜 魔術師」 中厚 硬

強粘着ラバーの代名詞ともいえるメーカー「紅双喜」から登場した 新しい強粘着裏ソフト「魔術師」です 現在登場している強粘着と言えば「キョウヒョウ」や「テンキョク」が同社の主力ですが、この「魔術師」は「MEOMO」のようなラバーではなく、しっかりとしたラバーに仕上がっています

 

DSCF3494.jpg   DSCF3495.jpg

パッケージは「キョウヒョウⅡ」のようなカラーリングが特徴的です 紅双喜のラバーの硬度表記や厚さは数字で表示してありますが、魔術師に関しては「漢字」で表示してあります

DSCF3496.jpg   DSCF3497.jpg

質感は強粘着そのもの ですね キョウヒョウ等に比べ価格が安いですが、粘着の質は均一で品質的には悪くない印象です 今回は「硬」を使用していますが、キョウヒョウの「39度」等と比較するとソフトに感じました 打った感じは厚さの割に(中厚)はねる印象です 少しだけスポンジに食い込み、飛び出す感じでしたね 写真には「ITTF管理番号」がありますが、「2011年8月」現在 まだ「リスト」に載っていませんので試合では使用できないです・・・・・・これは「紅双喜」にしては珍しい事ではないでしょうか

 

強粘着というと回転がかかるが飛ばない、という印象が強いですが、このラバーは比較的飛ぶ方です ただ「キョウヒョウ」のような「沈む」様なボールというのは出ないですね ボールの質、という面では「キョウヒョウ」に軍配が上がります 強粘着らしく引っかかりはいいので、回転はかけやすい方ですね キョウヒョウほど硬さのないラバーなので、特殊素材にも合わせやすいのではないでしょうか 際立った性能はないですが、ドライブ・強打ともそつなくできるバランスのよいラバーです

使ってみた感想としては「キョウヒョウ廉価版」という印象が強いです 強粘着にしてはクセがあまりないので、強粘着をこれら使ってみたい方におススメです 非テンションですので、弾みはそれほどないですが、中厚の割にはそこそこはねるので、特厚なら意外と飛びそうな印象でしたね 回転もまあまあかかる方ですから、粘着を知るにはいいラバーではないでしょうか 個人的にはコレ使ってなれたらすぐに「キョウヒョウ」等にシフトした方が良いとは思いましたね クセがないのはいいんですが、ボールに「クセ」がないのは強粘着とってはかなりネックです  紅双喜にしては「おとなしい」ラバーでしたね
裏ソフト
tti-labo.com