ドイツスポンジを使用するも弾みは抑え目
「729 802-40ドイツスポンジ」 軟

729を代表する回転系表ソフト「802-40」です この表ソフト、使用するのはいいんですが種類が多すぎて正直
「飽きて」
きたんですよね・・・・ (;^_^A

 

DSCF2956.jpg   DSCF2957.jpg

 

パッケージは「鬼釜」シリーズとは異なり、豹の写真がプリントされたものとなってます 豹のパッケージというと国内流通版の「802-40」も豹がデザインされています 802-40はドイツスポンジ採用という事でも共通ですね(厳密には違いますが)尚「802-40トラスト」は日本スポンジを採用しています

DSCF2959.jpg   DSCF2960.jpg

 

シートは802-40シリーズと共通です スポンジに「徳国海綿」と書いてあります これが「ドイツスポンジ」ですね 硬度は802シリーズ中でもかなりソフトな「軟」です 802-40中でもかなりソフトで、球持ちの良いラバーです ドイツスポンジを採用しているとは思えないほどの弾みのおとなしさで、使いやすく回転のかけやすいラバーとなってます

ノーマルの802-40と比較して若干ですが弾みが向上しています ですが、「ドイツスポンジのラバー」としてみると、かなり弾みは弱く感じてしまいますねえ 打球感がソフトなので、やや硬めで弾みの良いラケットとの組み合わせでスピード不足を補う必要がありそうです 回転に関してはノーマル同様に「回転系表」のカテゴリーに恥じない、強力な回転性能を持っています やはり802-40は「回転」が前面に来る表ですねえ ドライブやサーブ等は抜群です 表ソフトに安定と回転を求めるならこのラバーはイチオシです

個人的には柔らかすぎて、強打時に潰れすぎるのがネックです 使いやすくて回転がかけやすいのは大きいんですけどね 表ソフトのフィニッシュブローである「スマッシュ」時に球離れが遅すぎるのは致命的ですね 一発強打向きのラバーではないです このラバーは「回転」が非常によくかかるので、ドライブを多用した方がいい表ですねえ 弾みがおとなしいので台上・ショート等の小技も安定しますし、速攻タイプよりは攻守タイプのラバーですね これで変化が出ればなあ  変化性能は中国製表にしてはあまり出ないラバーですね これは802系には共通する特徴ですかね  弾みに関する問題以外は高い性能を有した表ソフトです う~ん、もっと弾むスポンジの登場に期待したいですね