超極薄特注仕様 使い易さが大幅向上「巨龍 612」極薄

クセの強さは圧倒的にあるものの、強烈な変化性能を誇るラバー「612」ですが、已打底である事やスポンジの厚さ等からコントロールに難がある事もあって、非常に扱いの難しいラバーです 今回のバージョンでは「約0.5mm」という、非常に薄いスポンジを採用する事で、打球時の安定性や極めて高い変化性能を活かしたボール処理が可能になっています

  

パッケージは写真の様にフィルムのみとなってます 特注扱いですので、スポンジの方も違うとの事です スポンジはピンク系の物となってますね 通常版と比較すると硬さはそれ程ないですね 通常版のスポンジは中国系の硬さのあるスポンジでしたが、極薄版では軟らかさを備えたタイプとなってます

従来の612は2.2mmまでラインナップされている事から、非常に弾みのある変化系表ソフトではあるのですが、この厚さに已打底を備えている事やラバーの特性が個性的である上に弾みが強いので非常に扱いの難しいラバーでした また、変化性能が極めて高い代償として非常にクセの強い滑り方や打球時の飛ばし辛さがネックとなる等、使いこなすまでにかなりの時間を要するラバーでした

極薄版ではクセの強さはシートの影響で健在ですが、スポンジが相当薄い事や球持ちが良くなった事で使い易さの面では大幅に改善しています 飛び過ぎるという事は無くなっているので、レシーブ・ブロックでのコントロールがネックになる というのは解決しています これにより高い変化性能を活かしながら確実な返球が可能になってますね 変化系表ソフトですがより粒高に近い性質となり、弾くよりも押す打ち方の方が適しています スピードや弾道は低く直線的になるので、粒高と表ソフト 両方の特性が良く出ている印象です 粒が比較的倒れやすいタイプなので弾きづらさのあるラバーではあったので、より最適化された印象ではありましたね スポンジの厚さの関係で通常版では使用が難しかった「カット」で使用出来るようになった点が極薄版の大きな特徴です 特徴としては高い変化性能が目立ち、キレの良さもある印象です 弾道は低い弾道で直線的と表ソフトの弾道といった印象 粒高から移行する表ソフトしては選択肢に入ってきます

変化系表ソフトというよりはかなり粒高に近くなっています クセの強さはありますが、スポンジが薄くなった事やある程度軟らかさが出た事で安定性は非常によくなり、使い勝手が良くなりました ここ最近の物ではシートの滑りも軽減されているので、シートの改善が図られているのは良いですね 特注扱いである為価格差は当然発生しますが、612を使いやすくしている という時点で大きな魅力といえます 弾みや表ソフトのスピード・弾道を優先する場合は厚いスポンジの通常版となりますが、変化性能をフルに発揮させながら使いやすくした極薄版の存在は非常に大きなものとなってますね

表ソフト
tti-labo.com