ドイツ系の中では弾みがおとなしめ「adidas P3」

総合スポーツブランドとして世界一の座に君臨している巨大ブランド 「adidas」が本格的に卓球用具に参入した事で登場したドイツラバー「P3」です 卓球用具に関しては後発でどちらかと言うと「アパレル」の方に注目が集まっていますが、最近ではトップ用を意識したラバーやラケットが登場するなど、卓球に対してかなり積極的なイメージがあります

 

P3 (3)   P3 (1)

 

パッケージはadidasのトレードマークである 黒の背景に3本のラインという、シンプルながら「adidas」という事が一目でわかるデザインとなってます 新パッケージでは右上の所にあるラバー名が色づけされていますが、旧タイプはグレー系で名前が刻印されています また、ラバーフィルムが同梱されており、この辺の配慮はさすが と言った所ですね 他の卓球メーカーでは高額ラバーでもフィルムを同梱しているところは少ないので、うれしいサービスです

 

P3.jpg   P3 (2)

 

ラバーはドイツ系の特徴が前面に出ています 透き通るようなシートで、しっとりとしています かなり引っ掛かりが良いラバーです スポンジは押すとソフトに感じましたが弾力が強く、押し戻す力が強いです この為、打球感が柔らかすぎない印象でした 弾みに関してはドイツ系にしてはかなりおとなしく感じますが、強い力を加えるとしっかりとボールはテンションらしい飛び方をしてくれます 軽いタッチで飛ばすタイプのラバーではないですね 軽いタッチでは食い込みが浅いので、ラバー本来の性能は出ません 食い込ませる事で本来の弾性が出てくるラバーです 球離れはそれほど早くないので、ドイツラバーの中では扱いやすい印象です 食い込ませた後の飛び出しが強めなので距離の修正は必要になってきます

 

シートの引っ掛かりが非常によいので、軽く擦るだけでも回転のかかりがかなり良い印象を受けました 硬いスポンジではないので、力を極端に使わなくてもスポンジに食い込ませる事は可能です 回転性能に関してはかなり高いですね 弾道は弧線が強く、最近の回転系テンションの特徴をこのラバーも備えていますね 極端に弾まないのでコントロールがやりやすく、安定したドライブを打つことができます スピードに関しては振ればある程度でますが、回転よりのスペックという印象なので、打ち抜くボールに関してはもう少しスピードが欲しかったですね ハードヒット系では食い込みが強くなるので、遅れてボールが飛び出す感覚は好みが分かれそうです 強打よりもドライブを連続で打っていく方がこのラバーの特性が活きる印象でした

 

台上等はやりやすいですが、厚く当て過ぎると距離が出すぎてしまいます 特に早い打点で打つ時やブロック・カウンター等を行う際に打球が厚くなりすぎない事に気を使いました 食い込みによって距離に差をつけることが出来るので、慣れると意図的な距離の変化はつけやすくなります 引っ掛かりと食い込みが強いので、早い打点でもドライブを打ちやすいのは大きいですね

 

バランスを重視していますが、性能は回転重視の印象が強いラバーです スピードはテンションにしてはおとなしいので、スピードで押すのは少し厳しい印象ですね 回転に関しては引っ掛かりの良さに加えてスポンジがしっかりとボールを捉まえてから飛び出すので、強い弧線のドライブを放てます シートに引っ掛けるようにして打つと距離が出ない為、短い場所に強い回転のかかったボールを落とす事も可能です 距離の修正が慣れるとかなりやりやすいラバーでした 総じて使いやすいラバーではありましたが、総合的な性能はもう少し欲しかったですね 同価格帯で比較すると、少し割高に感じました 使いやすいのでオススメはしたいラバーではあります

 

が・・・・・・ 「あえて使いたい」と言うほどではなかったので、もうワンランクスペックを向上してくると隙の無いラバーではありますね メーカー自体が卓球に関しては未知数でしたが、参入してきたシリーズは「普通のドイツラバー」と言う印象でした 「が」 そこは「adidas」ですからねえ 「世界ナンバーワンスポーツブランド」の称号にかけて、今後の性能向上は期待できるのではないでしょうか