ナックル+スピード重視 「巨龍 612」 OX

巨龍からラインナップされている半粒テンション「612」のOXバージョンです OXでありながら弾みの良いラバーとなっています

612ox  612ox (3)

612ターボは「白」がベースのデザインでしたが、「612」は「赤」をベースに下目立つデザインとなっています ラバーに関しては612ターボが粒高よりのスペックに対し、612は表ソフトに近い印象を受けます 弾みはOX中ではかなりよく、飛距離の出るラバーですね

612ox (1)  612ox (2)

中国系ラバーの表は白っぽくなることが多いですが、612は比較的少ない方です 612SPは布目がありましたが、こちらは布目が無くチャックシートが予めラバーに貼ってある状態ですね この辺りが弾みに差が出ている要因です 612SPと比較すると弾みはおとなしくなっています 変化の幅は表よりの為、揺れる変化は少なく「ナックル」がよく出る印象です 速いボールがスーッと直線的に飛んできます OXでは弾みが良いので、以外に距離が出るラバーですね 612SPは更にスピード・飛距離共に出ます すべりの少ないラバーなので、レシーブ時に落とす事はかなり少ないですね

OXでは弾みの良い方なので、強いボールを受けた際に距離が出すぎてしまうことは結構ありますが、612SPに比べて安定しているので、代に収めやすくはなっています カットショートなどをした際にボールが伸びるのでこの辺りの修正は必要になってきますね 粒高の様に急速に手元で沈む事は無いです その代わり、スピードを活かした高速ナックルはこちらの方に分がありますね 鋭く直線的なボールになるので、処理が難しくなります

通常の表に近い打球感のラバーですね すべりも少ない為、角度うちはかなりやりやすいラバーでした 粒高としてみると変化も少なく「返球用」となってしまうラバーですが、1枚ラバーとしてみると、スピード性能が高く攻撃的なラバーと言う印象に変わります 粒は表としてみるとソフトですが、球離れが良いので「倒れて打ちづらい」ということはないですね 612SPに安定感を持たせたラバーという印象です 1枚ラバーにしては距離が出るので修正は必要ですが、攻撃的な異質プレーに威力を発揮するラバーでしたね





トップへ戻る