軽量・高反発日本式カーボンペン「ニッタク ペンドライブ」

ニッタクからかつて販売されていた日本式のカーボン搭載ペン「ペンドライブ」です 姉妹品として角丸型の「ペンアタック」があります 発売からかなり年数がたっており、日本式ペンの特殊素材は当時にしては珍しい物です

 

DSCF2896.jpg   DSCF2898.jpg

 

年数の経過&直しこんでいましたので、かなり状態が悪いです>< ラケットの合板構成は3枚+2枚ですね 板厚は約7mm程度です このラケットの重量は「84g」で、中々軽めのラケットですね~ 他社の日本式に比べ、ラケット全体がシャープな印象を受けます 打ってみるとカーボンらしい弾みで、弾道が直線的になりますね 反発力の強いラケットでスピードがとてもよく出ます

DSCF2897.jpg   DSCF2899.jpg

 

全体のサイズは260mm程度です 打球感が硬めなので、当時の主流のラバーで合わせるとスレイバー系よりはマークV系の方が使いやすいかな といった印象です 弾きやすいので、やや硬めでスマッシュ主体でもよさそうな感じですかね 現在のラバーなら「テナジー」系等とも十分合わせられますが、カーボンラケットらしさはかなりあるので、スイングスピードは要求される組み合わせですね ラケットが軽量でラケットが振りぬきやすいので、切り返しやバックハンドがやりやすいのも特徴ですね

あまり日本式の特殊素材を打つ機会はないんですが、このラケットは軽量でよく弾むため、個人的には好きなラケットですね 球離れがいいので、ラバーで調整しないと回転をかける前に飛んで行ってしまいます スピードで押すタイプの方向けのラケットです そのためショートやレシーブ等、相手のボールを受ける際には少しコントロールに苦労しましたね

カーボンの特徴が良く出ているラケットですね この当時のカーボンラケットにしては響きが少ないのも良かったです この時代のカーボンラケットは重くて結構手に響きますからね その中でもこの「ペンドライブ」は軽量で弾きが良いラケットでした 最近は日本式が少ないので、こういうラケットはあまり出てこないかもしれませんね