PZC-SPスポンジを採用バージョン 攻撃型アンチ「アームストロング ニューアンチスピン」

長らく同社唯一のアンチとしてラインナップされている「ニューアンチスピン」ですが、ラージボール用のラバー等に採用されている特殊スポンジ「PZC-SP」を採用したバージョンが現行バージョンとなっています 極薄トップシートの影響で非常に厚いスポンジを使用する事が可能になった事で弾性が大幅にアップし、攻撃力の高いアンチラバーととなっています

  

パッケージデザインは旧タイプはスカイブルーのシンプルなパッケージでしたが、PZC-SPバージョンでは真逆の暖色系のカラーリングとなっています スポンジはシートの影響で「超MAX」が用意されており、今回はその超MAXです かなり弾性がアップしていますがスポンジ硬度「25°」と非常にソフトになっている為食い込みが良く、弾みの良さがありながらも掴みの良いものとなっていますね

    

黒と比較するとシートの粘着が分かり辛い部分は若干あるものの、テカリがありうっすらとした粘着の帯びたシートがこのラバーの特徴です スポンジは旧タイプと見た目は似ているものの、PZC-SP特有の軽さとザラついた質感でスポンジの仕様変更が行われている事が分かります アンチラバーとしてはトップクラスの弾性を有しており、優れたスピード性能を発揮するラバーといった印象です

スポンジがかなり軟らかいので強く打球したり、ボールを受けたりすると食い込みの強さはありますが、潰れ過ぎて飛ばせない という様な打球感ではなく、食い込んだ後に少しだけ時間を置いて飛び出してくる印象ですかね この厚さだとブロック時にもスピードが確保できるので、食い込みによるコントロール性能の高さと異質ラバーとしてはかなりのスピード性能は高い印象を受けますね 回転の影響をものともしない台上処理やプッシュ・カウンターに威力を発揮します

シートの粘着は非常に効果が大きく擦る事が出来る為、ドライブの様な打球をする事が可能です スリップする感覚は皆無です 弧線っぽい弾道が作れる点も大きな特徴ですね 特に台上では回転のかかったボール処理に威力を発揮し、2球目から攻撃的なボールが打てるラバーです 超MAXだと距離がやや長くなりますね 減速しながらもスーッとボールが伸びていくので、距離感に気を使う必要が出てきます カットでの使用に関してはやや厚さを調整した方が良い印象 超MAXという厚さでは攻撃てな部分では良いですが、距離が出すぎる点や弾性の面で難度が上がってきます ブロック時にクセのある球を出しながら、攻撃的なボールが打てるアンチラバーです

際立った変化幅ではないですが、アンチ特有の反転性能に加えてスポンジの厚さを限界まで採用している為、弾性に優れています 攻撃力が大きな特徴ですね スポンジの厚さがあるのでシビアなコントロールが必要になってきますが、軟らかいスポンジが強い打球をしっかりと捉えて飛ばすので、飛び過ぎて扱いが難しい というタイプのラバーでないです 一般的なアンチラバーと比較すると圧倒的に弾みが確保できているので、同程度の厚さで使用する場合には注意が必要になってきます ボールを吸収性の高さがあり、ここがPZC-SPスポンジの強みですね 変化性能をメインとしたアンチではないですが、攻撃的な部分や粘着シートによる恩恵が非常にあるラバーです ネックとなるのはコストパフォーマンスですが、代替となるラバーが存在しないので、替えの利かないラバーですね アンチでの攻撃力が非常に高いものとなってますね

アンチ
tti-labo.com
tti-labo更新情報はこちらから
タイトルとURLをコピーしました