強めの粘着と弾力のあるスポンジが特徴 弾性は良好
「TUTTLE 2018VIP」 39度

内蔵タイプの已打底を採用した弾性の良いスポンジに強めの粘着を帯びたシートを採用した、TUTTLEの裏ソフトラバー「2018VIP」です TUTTLEの内蔵已打底タイプのラバーの傾向としては弾性重視でシートで擦るタイプのラバーは少なかったですが、2018VIPでは粘着による摩擦力がしっかりと発揮されており、粘着ラバーのテイストが強くなっています

 

  

パッケージは背景が赤で建物が描かれているというシンプルな物です 西暦をそのままラバー名にする というのは既に数枚ラインナップされていますが、このラバーもそういったラバーのひとつです 包装は真空パッケージとなっています

  

先に書いていますが、近年のTUTTLEの裏ソフトは内蔵タイプの已打底を採用することが多くなっています 傾向としてはシートは微粘着または非粘着でスピード重視のラバーが多かったですが、2018VIPでは珍しく強めの粘着を帯びたシートを採用しています スポンジ硬度は39度となっていますが、食い込みと弾きのバランスが良く、食い込んだ後に前に飛び出して行く印象です 粘着タイプのラバーとなった事で擦りやすくなっており、擦って回転をかける事が可能になったのは大きいですね 食い込みの良いスポンジをしているので、擦る打ち方・食い込ませる打ち方どちらでも打ちやすいですね

前に飛ぶ力があるので直線的な弾道が作りやすいタイプではあるものの、弧線が作りづらいという事は無く、TUTTLE系のラバーとしてはバランスが良いですね 極端に直線的ではないです ループ系・スピード系どちらも打ちやすい印象です これにより台上での打球やループ等、回転に対してはかなりよくなっています スペックとしてはスピード寄りではありますが、これまでの内蔵已打底を採用していたラバーとしては回転性能の向上と打ち易さが特徴になっています

粘着らしさを強めた事で擦りやすくなった事が大きな特徴ですが、内蔵タイプの已打底のスポンジとのバランスが取れている点が良いですね 軟らかめですが、球離れが良く弾性は良好です 粘着ラバーとしては硬すぎずに食い込ませる事が容易で飛ばしやすいスポンジの影響は大きく、この価格帯のラバーとしては良好なスペックを有している印象です コストパフォーマンスが非常に高く、使いやすい粘着ラバーとなっています