訓練型でもなかなかの性能
「PALIO CJ8000訓練型 41~46度」

コストパフォーマンスが抜群の中国メーカー「PALIO」ですが、更にコストパフォーマンスのすぐれた「訓練型」も登場しています。
バルクのためパッケージ無しですが、品質面ではまずまず良好です

 

DSCF1540.jpg   DSCF1541.jpg

 

見た目は製品版の「CJ8000」となんら変わりないですが、右下に貼ってある「訓練型」の文字が特徴です。硬度は「41~46度」とかなり大雑把ですが、大手の中国メーカー表記の高度と比べるとかなり柔らかい印象です。 打ってみると通常版の「CJ8000 」と遜色ない出来で、「コレほんとに訓練型??」というくらいの物ですね。

DSCF1670.jpg   DSCF1671.jpg

粘着は程よくある感じですかね。 粘着のムラがあまりなく、品質は一定のレベルで安定している感じがします。 厚さが「2.2mm」なので、弾むラケットに貼れば比較的よく弾みますし、弾みを抑えたラケットなら、初心者の方にも十分使える「幅の広さ」がありますね。 中国での販売価格も群を抜いて安価な為、妥協できるラバーですね スペックはあくまで「価格の割には良い」という程度ですが「使えない」というほどではないです

日本の「高弾性」のようなラバーで、打ちやすくて使い勝手のいいラバーです。 趣味でやる分には十分なスペックを有しています そこそこ弾んで、そこそこ回転もかかるラバーです 中国ラバーのクセがなく、バランスよく仕上がってます。 大体ここで書く際には平均一ヶ月ほど使用していますが、弾みの劣化等はそこまで感じなかったですね。 中国ラバーとしては意外とスピードが出ますね

いまどきのテンションが苦手な方はこれオススメです。ラケットを選ばないので幅広いユーザーの方に受け入れられる感じするんですよねぇ、価格も相当安いですし、お試しで使っても損はないラバーでしょう 中国ラバーっぽさは少なく、オールド高弾性の様なラバーで、若干スピード寄りのスペックです  「訓練型」といっても品質はそれなりで悪くは無く、価格を考えると十分すぎますね スペックとしてはバランスが良く、価格を考えるといいラバーとなってます