ソフトで球持ちのよい 「729 焦点Ⅲsnipe」

使いやすいものが多数ある「729」のラバーにおいて、特に使いやすい「焦点」シリーズから登場している「焦点Ⅲsnipe」です。 「Ⅰ」は回転とスピードのバランスが程よく、使いやすいラバーでしたが、この「Ⅲ」は打ちやすさに特化したイメージでした
パッケージです

 

DSCF1643.jpg     DSCF1642.jpg

 

グレーをベースにしてシックにしてあるかっこいいパッケージです。 かなり渋いですね 個人的にはかなり好きなパッケージです。 名前も「snipe」と付いているとおり、ライフルのような絵が書いてあります。 見た目や名前は非常にクールなラバーですが、打ってみると非常にソフトでクセのないラバーですね。 かなり拍子抜けした記憶があります

DSCF1235.jpg    DSCF1234.jpg

質感は中国ラバーらしさは皆無といってもいいかもしれません 粘着は全くなく、シートがサラッとしています。次に中国ラバーの「硬度40度」とは思えないソフトさで、中国ラバーとしてみるとかなり違和感がありますね。 弾性があまりなく球持ちが非常によいため、コントロールのしやすいラバーです。

非常に打ちやすいラバーでありますが、性能面で言うとちょっと厳しい物がありましたね 特に回転をかけようとするとシートで滑ってしまい、思うように回転のかからないラバーでした∑(; ̄□ ̄A 中国ラバーというとシートで思いっきり擦って回転を生み出すという感じですが、このラバーではそれができませんでした。 スピードも物足りなかったですね~ 強振してもそれほど強烈なボールはでませんでしたね。

かなりソフトなのでバックで使用すると安定感があり使いやすいです。 ですが、回転がかけづらいので「返球するだけ」になってしまうのは痛いですねぇ 攻撃力はかなり低いですね。 「ボールを返球すること」に関しては非常に優れているラバーです。 シートで滑ってしまうので、レシーブなども結構落球することがあるんですよ。 この辺かなり厳しいなぁ・・・という印象でしたね。

ソフトで弾み過ぎないので、初級向けのラバーですね。 基礎を身につけるにはいいラバーだと思います。 シートがすべるので、擦るクセがつきにくいかなぁ(いいほうに考えればですがσ(^_^;) )とは思います。 これできれいに返球できるようになれば、別のラバーにシフトしていくのもいいかなぁ、とは個人的に思います。 見た目がかっこいいだけにちょっと残念なラバーでしたね。