激速ナックルを可能にする 「ミズノ ブースターEV」

国内実績を着々と上げている「ミズノ製」ラバーからスピード系の表ソフト「ブースターEV」です。「ブースターSA」は回転重視で非常に強い回転が魅力的なラバーですが、この「ブースターEV」はスピード系らしい表ソフトで、いままでのスピード系を進化させたようなラバーになってます

DSCF1517.jpg  DSCF1518.jpg

パッケージは「ブースターSA」の色違いでコチラは青となってます。 ミズノのラバーは全てドイツ製ですね。 触った感じは少し柔らかめでしたが、打ってみると意外に手に響くラバーです。とはいえ、それほど硬くなく打球感は硬すぎず柔らかすぎず、という感じですね。 球離れがかなり速くスピード系らしい、非常に鋭いボールが打てます。

DSCF1519.jpg   DSCF1521.jpg

しっとりとして、ツヤのあるきれいな「赤」のトップシートですね。中国製はツヤがないので、見た目にも違いがはっきりしています。 粒の配列が「縦目」なので、典型的なスピード系の設計ですね。 試打の段階ではかなりの「すべり」があり、ネットによく引っ掛けていました。この強い「すべり」がナックルのでやすい仕様ですね

非常によくすべるため、角度調整を間違えるとすぐ落球してしまいます。 非常に表ソフトらしい表ソフトですね。「ブースターSA」が引っかかりがよくドライブのしやすいラバーに対して、この「ブースターEV」はドライブをするのにも角度調整に気を使うタイプの表ソフトです。 回転はかかりますが、非常にかけづらいラバーですね。

スピード系のテンションのとおり、強打するとかなりの威力のボールが放てます。 直線的でシャープなボールが飛んでいくので、この弾道は王道スピード系の弾道そのものです。最近の回転のかけやすいテンション系とは一線を画しています。ここまでコンセプトとがはっきりとしていると選ぶ側としてもいいですね。

守備系の技術に関しては弾むので抑えるのには少々苦労しますね。まぁこれはテンション全般に言えることなので、このラバーに限ったことではないですが・・・・ タイトルどおり激速のナックルがスマッシュのごとく飛んでいくので、ショートやブロック時にも「攻撃的守備」が可能になります。 プッシュなんかしたらもう・・・それはすごいボールが出ますよ(o^-‘)b

回転はほどほどかかりますが、すべりが大きいのでちょっとしたコツがいりますね。スピード重視の設計上コレは仕方ないかなぁとは思います。 スピード系の表ソフトを進化させるとこーなる、という典型のようなラバーですね。 速いボールと強烈なナックル、スピードと変化を最大に活かすプレーがこのラバーだとできると思います。 異質選手にオススメできるいい表ソフトですね。