「プロ」と銘打たれてはいるものの・・・
「GENOTE PEAK POWER PRO」

2015年6月現在において唯一の公認ラバーである「PEAK POWER」 これは強い弾みと高い音が特徴的な微粘着系のラバーでしたが、このラバーに「プロバージョン」が存在しています とはいうものの価格はノーマルよりも安価であったり、スペック的には「・・・?」な部分が多く「どこがプロ?」といいたくなるラバーとなっています

今回も

「卓球中国ラバー専門店MASAKI」

 

様よりご提供いただきました いつもありがとうございます~~~~ ヽ( ´¬`)ノ

ピークパワープロ (1)  ピークパワープロ (2)

通常版のPEAK POWERが赤系の目立つパッケージに対して、プロバージョンはシンプルなカラーリングのパッケージに変更されています また、通常版は真空パックであったんですが、プロバージョンはなぜか通常の物になっていますね そして一番の謎は前述していますがこちらの方が「価格が安い」という事ですね 通常はグレードが上がれば、価格も上がる 筈なんですが・・・

ピークパワープロ (3)  ピークパワープロ (4)

ノーマルと比較するとスポンジが変更されているのがわかります プロバージョンは「黄色」です ノーマルは「赤色」系のスポンジで食い込みがよく弾力のあるスポンジでしたが、プロバージョンはややハードスポンジとなってます シートは粘着のようなものがありますが、ほぼ無い といって良いですね 品質は安価なラバーとしては比較的良い方 といった印象です(かなり安価との事)

弾性はまずまず良いですが、シートが災いして回転性能はかなり厳しい印象ですね 直線的な弾道で飛ぶタイプです 球離れがそこそこ早くハードなスポンジなので潰れにくく、強打はやりやすいラバーです ドライブに関してはこれはノーマルの方が粘着も微粘着でしたがありましたし、食い込ませやすかったのでやりやすかったですね プロバージョンはスポンジはハードにしていますが粘着が無いので擦れなくなってますね 食い込ませて回転をかけようにもベースの回転性能が高くない為「価格相応」といった所です ノーマルの良い面を消してしまっている印象ですね

総合的な性能は圧倒的にノーマルの方が良いですね スピード性能がほぼ同じ位で、食い込みや回転のかけやすさはノーマルの方が優れています 打球感もソフトなので粘着ラバーとしては使いやすいですね 後は高い音が打っていて気持ちが良いラバーでした 対してプロバージョンはスポンジがハードなタイプになった事で打球感こそ「ハードヒッター仕様」っぽくなっていますが、これによって威力が劇的に向上 というわけではないんですよねえ・・・ シートもノーマル以上に粘着が無いですし(ほぼ無いですが) ノーマルを上回るスペックを見つける方が難しい印象です シートとスポンジが共にノーマルよりもスペックダウンしています メーカーも何を意図して「プロ」と銘打ったかが不明ですね 唯一の救いがスピード性能がそこそこ良い といった事位でしょうか ですがこれはノーマルでも十分ですからねえ 残念なプロバージョン といったラバーですね