ハードヒッター仕様 ラリーに威力を発揮
「ミズノ GF-T 48」

総合スポーツメーカー「ミズノ」がラインナップしている裏ソフトのドイツテンションラバー「GF-T48」です GFシリーズには「40 45 48」とラインナップされており、この「GF-48」はシリーズ中最硬度となっています

GF-T48 (1)  GF-T48 (2)

ミズノの裏ソフトは表ソフト程の認知度は無いですが、この「GF」シリーズの前にラインナップされていた「クエーサー」等はトップ選手の使用実績などもあり、スペックの高さを証明しています GFシリーズのパッケージはシンプルな物となっており、銀×黒でイラスト等は描かれていませんね ですが目立つパッケージとなっています 硬度はメーカー表記で「47.5°」ですね

GF-T48 (4)  GF-T48 (3)

シートはプラボール以降に増えてきているマットなシートです スポンジの気泡は粗めですね プラスチックボールでは滑る事が少なくないので「グリップ力」が求められる様になっていますが、このラバーのグリップ力は高く、滑らないですね 打球感はスポンジ硬度の関係から硬めではありますが、ヨーロッパメーカーの物と比較すると硬すぎない印象です 振る事で食い込ませる事が十分可能な硬さですね

球離れはそれ程早くないですね 印象的なのは食い込ませた際のグリップ力 これがこのラバーの特徴の一つです しっかりとシートとスポンジが掴みます ただ「擦る」というタイプのラバーではないので「食い込ませて回転をかけるタイプ」のラバーですね 強い当たりで打球して食い込ませることでラバーの真価を発揮します 弾性は主流のドイツテンション系と比較するとおとなしめですが、飛ばないラバーではなく、強い打球で飛ばすタイプのラバー といった印象ですかね 軽い打球で飛んでいく様なラバーではないです

最も印象として残っているのは「弾道」「球威」ですね しっかりと溜めてフルスイングできると、回転・スピード共に非常に威力のあるボールが放てます 一発の威力は素晴らしいものがありますが、 しっかりと食い込ませるだけの「溜め」が作れる領域でのプレーが重要となってきます 前陣で振るにはあまり適さないですね 対ラリーに強みを最大限に発揮するタイプのラバーです なのでやや下がった位置でドライブを打ち合う様なプレースタイル向けといった印象ですね 中でも弾道に関しては非常にボールが伸びてくる弾道で、かなり特徴のある球筋です グリップ力もあり弧線も作りやすいラバーなので、ラリーにおける安定性はかなり高い印象ですね

ボールの威力は素晴らしく、ラリー向けのラバーです ただし「食い込ませて打つ」というのが前提ですね 擦って打つタイプのラバーではないです その為、サーブ、ツッツキ等では難しさのあるラバーですね コンパクトに連打するタイプのラバーではなく、球威を重視したラバーとなってます 個性的な弾道を有している点がこのラバーの魅力ですね 使い方を選ぶラバーではありますが、球威のあるラバーとしては非常に貴重です コストパフォーマンスもこのクラスのラバーとしては比較的安価なので、手に取りやすいのも良いですね 擦るタイプの打ち方には適さないので注意は必要です 個性的なラバーに仕上がっている、威力重視のラバーです

裏ソフト
tti-labo.com