直線弾道+ソフト+非粘着
 「TUTTLE 国套Ⅱ」  38度

TUTTLEから登場しているロングセラーシリーズ「国套」ですが、初期のタイプと比べてラバーのタイプは「微粘着」タイプが主になってきています この新しい「国套」は非粘着となっており、更に中国ラバーらしさは薄くなっているラバーですね ラバーに接着層のある一般的な已打底ではなく「ラバー自体に効果を内蔵した」というタイプのラバーという、新しいスペックを有しているラバーでもあります

 

国套Ⅱ非粘着 (4)  国套Ⅱ非粘着 (1)

今回のシリーズは基本的に真空パック+内蔵型已打底である事が多いですね パッケージは明るめの青です TUTTLEはネーミングやパッケージデザインにそれ程こだわりが無い様で、これがラバーのスペック等を分かりづらくしている原因でもありますね 非粘着 という所がこのラバーの特徴とはなっています

国套Ⅱ非粘着 (3)  国套Ⅱ非粘着 (2)

シートを一見すると「国套Ⅳ 快攻」と殆ど同じですね 快攻の方が極薄くですが、粘着の様なものを帯びている質感です 対してこの「国套Ⅱ」は非粘着の為、粘着っぽさは無くなっています ややテカりがありますが、触るとペタッとはしないですね 見た目では違いの分かりにくいラバーです

打球感はこちらが38度という事と「2.2mm」と若干厚いので、弾み方や食い込み方でわずかですが差が出ています より弾く打球感となってます  軟らかさに関しては食い込み方がやや短くなってますね 球離れは早めです  とはいえ中国ラバーとしてはかなり軟らかいタイプのラバーで、使いやすい硬さです 弾道は直線的ですが軟らかさがあるのでコントロールしやすいです 弾性は内蔵已打底効果の影響が良く出ており、高い弾性を有しています スピードが出しやすいラバーですね

回転性能に関しては食い込ませてかけるタイプのラバーですが、今回のシリーズ共通ですかね それ程高い回転性能は有していない印象です 弾道が直線的でスピードが出しやすいラバーなので、スピード重視のラバーですかね 厚さによる弾性の向上や多少硬度が上がって打球感も軟らかすぎなくなっている為、使い勝手は良くなってます また「非粘着」なので、バックに使用できる点も良いですね

スピード性能に関してはコスト面を考慮すると良好です 回転性能は割り切った方が今回の国套シリーズは良いでしょうねえ 回転性能は厳しいです また「国套Ⅳ 快攻」とどうスペック面で「差別化」が図られているのかも分かりづらいですね 非常に良く似ているラバーです 今回の国套シリーズは従来型の中国系ラバーでは無くなっているので、中国ラバー独特の「クセ」というもは皆無ですね 打球感や使いやすさにスピードをプラスしているラバー といった印象でしたね