球持ちが良く回転がかけやすい
「STARWOOD NARUWAN」 青

台湾神木(STARWOOD)はダーカー同様「檜」をメインにした高価格帯ラケットがメーカーの売りとなっていますが、ラバーの方も中国系としては品質の良さが特徴です 様々なスポンジがあり、今回は「青」スポンジとなっています

 

 

ナルワン 青 (2)  ナルワン 青 (1)

NARUWANのパッケージデザインは共通で、使用されているスポンジカラーで「N」の文字が変わります 背面の「S」はシートの色ですね シートは珍しい「香港製」で、粘着は赤よりはテカッとしていますが、粘着は非常に薄いです シートは擦るタイプではないですが、今回の「青スポンジ」が黒スポンジとは大きく異なり、非常に回転のかけやすいラバーに仕上がっています

ナルワン 青 (3)  ナルワン 青 (4)  ナルワン 青 (5)

パッと見は紅双喜のブルースポンジっぽいですね このラバーはメーカー硬度が「48度」となってますので別物です ですが硬度の割には打球感は相当ソフトで、黒スポンジの「45度」よりも掴む印象のあるスポンジです 弾道も黒スポンジと比べて「弧線」が大きくなります この辺りが中国ラバーっぽさが出てますね 黒スポンジ程の飛び方をしないですが、弾性は中国系ラバーとしては良好ですね シートの質感は非常に良く綺麗です 品質面に関しては中国系メーカーとしてはかなり高いですね その分やや価格が高価になっています

黒スポンジはスピード重視の直線弾道で球離れもかなり早いものとなっていましたが、青スポンジは黒スポンジよりも数値上は硬度が上にも関わらず「食い込み」があるスポンジとなっています 青スポンジの方が中国ラバーらしさがありますね 回転量は極めて高いスペックではないですが食い込ませやすくなった事で回転がかけやすくなりました   球質は中国系の様なクセは無いですね シリーズ共通ですが、シートがもう少し擦りやすいと良かったかなあ という印象です スポンジのバランスとしては青はかなり高いですね 飛びの良さと食い込みは印象的です

中国ラバーの特徴と使いやすさのバランスが取られている印象ですね この青スポンジは  比較的弾みが良く、回転量もまずまず良好 ラケットは素材系・木材をあまり選ばない汎用性の高さもあります 「粘着テンション」となってはいますが、シートで擦るタイプではないのでここが好みの分かれる所ですかね 食い込ませて回転をかけるタイプのラバーです 粘着ラバーらしさは薄いですね とはいえ中国系としては高い品質と使い勝手の良さはグッドです 青スポンジはかなり上手くまとまっていますね

裏ソフト
tti-labo.com