打球感が非常にステキ
「andro plasma430」

日本参入は比較的最近の「andro」ですが、他社のドイツメーカーと比べると「日本人好み」のラバーが非常に多いように感じます。 その「andro」からスマッシュヒットとなったこの「plasma430」はソフトな打球感と繊細なボールタッチを可能にする非常に優れたラバーでした。

 

DSCF0778.jpg  DSCF0779.jpg

化学式や元素っぽいイラストがかっこいいですね。 androのテンション系ラバーは「テンゾーバイオス」なる技術が搭載されており、その特徴は「グルー時に近い打球感や性能を保持している」というものです。 確かに打ってみるとあのグルー時のソフトな打球感と金属質の打球音がこだまします

打球感の良さに加えてボールの軌道や威力等、軽く試打しただけでもその性能の高さが伺えました。 「ドイツテンション」というと「スピード性能重視」な物が多かったという感じでしたが、この「plasma430」はシートの引っかかりもよく、またしっかりと食い込んでボールが飛び出すので、コントロールもしやすかったですね。他社製のドイツテンションは弾みが良いものが多いですが、球離れが早すぎる物が多く、コントロールしづらい物が多いので、その点「plasma430」はコントロール面での性能が特徴的でした

 

DSCF0780.jpg

 

中にはラケットのカタログが入ってました。 このラバー、抜群の「安定感」が魅力ですが、ただ使いやすいだけでなく、ボールのスピードや威力などはかなり高い位置でバランスが取られていますね。 ボールの性質は非常にきれいな軌道を描くシャープなドライブが放てます。 硬度は「43度」ですがかなりソフトで弾力があり、この感触があの打球感とボールタッチを可能にしている印象でしたね

 

DSCF0848.jpg  DSCF0849.jpg

 

しっとりとしたツヤのあるトップシートです。品質の高さはきわめて高く、管理がかなり行き届いている感じですね。 最近の高価格帯テンション系と比較すると若干価格が抑え目なのも魅力的です。 感想としては性能は申し分なくアニキは「コレをメイン使用で考える」との事でした。 カット用にしては少し弾みすぎるので、厚さ調整(今回はMAX使用)をして使ってみようかな、という感じでしたね。 打球感がとてもよく下がり目のポジションでも飛距離・威力共に出せるため、カットからの攻撃に転じる場合でも非常にやりやすいとの事です。

 

裏面でも少し使用してみましたが、飛び出す感じではなく食い込んでからボールを弾くような打球感は非常に好みの打球感ですね。 ソフトなのでハードヒット時にはちょっと食い込みすぎるかなぁ、とは感じましたがやりにくいということはなく、しっかりとボールを打つことが可能です。

品質の高さ・高性能・・・どれをとっても申し分なしな感じが個人的にはしました。 他社のドイツテンションとは完全に一線を画してますね。 性能が偏重せずに安定しており、どの技術もそつなくこなせます。 このラバーの成功がのちの「ロクソン」シリーズや「ヘキサー」シリーズへと続いていくんですねぇ、「挑戦的で新しい」所も魅力的なメーカーです