粒高にきわめて近い球質「巨龍 612TURBO已打底」

変化系表を数多く出している「巨龍」から登場した表ソフト「612TURBO」です やはりこの表も「変化系」ですが、粒がかなり高く「粒高」に近い性質のラバーに仕上がっています

 

今回も「卓球中国ラバー専門店MASAKI」様 よりご提供いただきました いつもありがとうございます~~ヽ(‘ ∇‘ )ノ

 

DSCF3019.jpg   DSCF3020.jpg

 

パッケージは白一色のシンプルな物となっています インパクトのあるものが多い巨龍のパッケージにしてはかなりおとなしい物となっています スペック的にはスピード重視の設計ですが滑りが強く、弾くのが非常に難しいクセのあるラバーですね 角度の調整がとてもシビアで、面をきれいに出せないと滑り落ちてしまいます スポンジは「HARD」とありましたが、硬さはそれほどなかったですね

DSCF3021.jpg   DSCF3022.jpg

 

一応表ソフトとなってはいますがかなり粒が高く、打球時に倒れます そのため弾きにくく、打球にかなりコツのいるラバーになってしまっていますねえ 粒が倒れることで変化は非常によく出ます 揺れながら表ソフトらしい直線的なボールになるので、かなり受けづらい球になります  球離れは遅い方ではないのですが、粒が倒れて弾くのを邪魔しており「速い・遅い」を正確に把握するのは少し難しいですね

通常のフォア打ちでもボールが揺れているため、返球するのがかなり難しくなるラバーです 打っていて揺れているのがわかる位変化しています 回転は自分からかけるのは非常に難しいです 滑りが強く、また粒が倒れるため、回転をかける前に滑ってしまいます 相手の回転を利用する分にはかなりの威力を発揮するのですが・・・・・ ラバーが厚すぎると受けた際にボールが飛び出しすぎてしまう印象がありますね もう少し薄い(1.5mm位)が個人的には使いやすいのではないかなあ、と思いました 已打底でこの性質はボールコントロールを更に難しくしている印象でした

とにかく「変化第一」なラバーでした 粒高並の変化に加えて、表のスピードがプラスされているので、攻撃性の高いラバーにはなっています が クセが強すぎて、慣れるのにかなりの苦労もすると思います 滑りがかなり強く、弾く際には粒が倒れるため、通常の表のように弾き飛ばせないんですよ かなり面を上に出して打球をしないとネットミスは確実です ラバーの特性をいかに早く掴めるか、だと感じましたねー 単体で使うの非常に難しいラバーです シェークのバック側等での使用が主になるのではないでしょうか ペンでも裏面もしくは反転スタイルではないと厳しいですね 回転が自分からはつけづらいので、サーブやドライブは難しかったです  クセは強いですが、面白いラバーではありますね