ハイスピード粘着テンション「SAVIGA TURBO」

ITTFの管理番号が「3桁」と比較的新しいメーカー「SAVIGA」の粘着テンション「TURBO」です 実はこのメーカー 本社は「日本」にあるようで(和歌山県 製造は中国)意外にも「日本メーカー」のラバーです

 

DSCF2870.jpg   DSCF2871.jpg

 

明るいカラーリングで目立つパッケージとなっています ちょっと「スーパースレイバー」のカラーリングと似ていますね パッケージは紙製の物に真空パッケージで加工されています 「SAVIGA」はこのラバーのほかにもう一種類、粒高をラインナップしています

DSCF2881.jpg   DSCF2882.jpg

 

ラバー自体は強めの粘着にやや硬めで弾力のあるスポンジです スポンジカラーがブラックでパッと見「藍鯨」を連想させます 質も良く、粘着にムラがあまりないですね 打った感じは粘着ながらかなりのスピードで球離れの良いラバーです 硬すぎず適度な食い込みもあるため、既存の中国ラバーより打球感がソフトです 粘着のボールの質と硬めのテンション、という感じですかね 「未打底」でこのスピードを確保している事にも驚きです

粘着ラバーらしく「回転」も非常に優れた物を有しています スピードが出るうえに強力な回転性能がプラスされており、手元でスピードあるボールが急速に沈みこんだりする等、非常に威力のあるボールが打てます 球質は非常にいいですが「クセ」においてはちょっと素直でしたねえ ただしスピード+回転はかなりの物がありますね スピード系のラバーだと球質が軽くなりがちですが、このラバーに関しては両方のバランスが高いレベルで保たれており、ハードヒット系・ドライブ系共に高い安定感と威力を兼ね備えています

粘着テンションはレシーブ時にはあまり弾まないやりやすい物が多いのですが、このラバーは結構小技時にも弾んでいる感じがしました 国内系やドイツ系のラバーほどではないですが、台上でのレシーブで距離の修正を少しする必要がありました 反発力の良さがここでも出ている印象でしたね 攻撃時の弾みの良さがそのまま守備にも出ているので、ボールを抑えるのに慣れが必要です

このラバーはある試打動画を見たのですが、とてつもないボールをかっ飛ばしていました 非常にスピードのあるまさしく「矢のような」弾道で飛んでいましたねえ 球離れがよいのでやや直線気味ですが回転も強いので、球質は重く、処理のしづらいボールですね 中陣でもボールスピードはあまり落ちないですし、非常に攻撃力の高いラバーです 中国ラバーの回転とテンションの弾みを足して二で割ったような感じですね バランスの良いスピード感のある粘着ラバーでした