強力なグリップと弧線弾道が特徴「JOOLA RHYZER48」

日本市場では「ラージボール」で高い認知度を誇るドイツメーカー「JOOLA」ですが、硬式では豊富なテンション裏ソフトや個性的なテンション表をラインナップしているメーカーでもあります この「RHYZER48」は非常に高いグリップ力と弧線弾道が特徴のラバーで、回転性能と弧線弾道を活かした安定性が売りのラバーとなっています

  

パッケージはシンプルですね 同社のラバーでは度々使用される緑系のカラーをベースにしたパッケージとなっています RHYZERはシリーズ化されており、50.0°のハードスポンジを採用した「RHYZER PRO」や45.0°のミディアムスポンジを採用した「RHYZER PRO 45」そして43°のソフトスポンジを採用した「RHYZER43」が現在ラインナップされています

  

シートはややマットですが、ツヤが無い という程ではないですね ロゴが大きめなので、ラケットのブレードによっては気になる所です スポンジは気泡が粗いタイプでパープル系のカラーリングです 非常に目立つものとなっています スポンジ硬度は48°とトップ仕様に当たる硬度でありながら打球感はそれ程硬くなく、打球時にグッとボールを掴む点が特徴的です このグリップ力の高さが回転のかけやすさにつながっている印象ですね タイプとしてはラバーに食い込ませて回転をかけるタイプに特化している為、擦る打球には適さない印象です 弾性は非常に良い方ですが掴みが強く球離れはそれ程早くないですね しっかりと回転をかけて飛ばすラバーとなっています

シートのグリップ力とスポンジ硬度の割には硬くない打球感の関係でトップ仕様でありながら使いやすいラバーです 弾性や飛距離は良く、掴んだ後に良く弾むラバーですが、食い込ませて真価が発揮されるタイプのラバーなので、早い打点でピッチを重視するプレースタイル向けではないですね  特に掴ませてドライブが打ちやすい為、少し下がった位置から溜めてドライブを打つ、ラリーに強さを発揮するラバーですね かなり弧線が作りやすいラバーで、ドライブの安定性が高い印象です 回転性能は優秀で、弧線による安定性と回転量を活かしたドライブが打てるラバーとなってますね

スポンジの硬さはトップ仕様ですが、シートがそれ程硬くないので打球感が硬すぎずラバーに掴ませやすい点が良いですね やや硬質な特殊素材系ラケットとも合わせ易い為、球離れや打球感のバランスが取ると良いラバーです 掴みが強い為、強打系の打球がやりづらさはあるもののドライブの安定性は非常に高いですね ラバーに掴ませた際にグッと持ち上がるので、台上での攻撃な打球に威力を発揮します 圧倒的なスピードで打ち抜くタイプのラバーではなく、高いグリップ力から来る回転性能と弧線弾道の安定性を活かしながら、食い込ませた際に発揮される弾性が魅力のラバーですね コストパフォーマンスはこのクラスのラバーとしては高額 という程ではないです ネックなのはやや重量がある事や手に取り辛さでしょうか 耐久性はまずまず良好です 好みの分かれるタイプのラバーですが、食い込ませてしっかりと回転をかけるラバーとしては優れたスペックのラバーですね