王道 第三世代「バタフライ Sriver G3」

1960年代に登場し、その後四十数年間発売され続けている、ラバーの「生き字引」ともいえる「スレイバー」 その後テンション技術を搭載した「G2」が登場し、更なる進化を遂げたのがこの「G3」です 王道を継承しているラバーなだけに、スレイバーの正当な進化系となっています

 

DSCF2528.jpg   DSCF2529.jpg

 

赤紫を基調にした少し抑え目なデザインのパッケージです 現状、日本国内ではこの「G3」はラインナップされておらず、主に「ヨーロッパ」市場で展開されているラバーです ややハードな打球感でスピード性能はなかなか有していますが、テナジーと比較すると使いやすいバランスタイプのラバーとなっています あまりラケット選ばないラバーですが、新しい世代のラバーなだけあり、同時期に登場している新世代の特殊素材系とも相性も高いですね

 

DSCF2553.jpg   DSCF2554.jpg

 

ラバー自体は言うまでもなくとても綺麗です しっとりとして透き通った感じのするシートですね テンションですがスレイバーらしさはしっかりと継承されており、弾みを向上させながらもバランスの良さはそのままになっています 程良い硬めの打球感なのでハードヒット系もやりやすく、ドライブ、スマッシュどちらでもこなせます グルーを使用したスレイバー程のスペックには流石にならないですが、ラバー自体のスペックは総じてアップする事に成功している印象でしたね

テンション系にしては飛びすぎずに使いやすいラバーですね どちらかというとスピードよりのラバーです この辺もスレイバーらしいといえばらしいですねえ うーん昔からあるラバーがそのまま進化した、という感じが率直な意見なので大きな特徴はあまり感じられませんでした 昔からのユーザーなら細かい変化に気がつくかもしれませんが、激的に弾性や回転量の増加 というよりは、スレイバーの特徴を残しながら性能をアップさせたラバー といった印象でしたね

ベストセラーを大きく進化させ更に使いやすさと威力の両立は出来ている印象です 回転性能にやや不満はありましたが、スピードと使いやすさは魅力的ですね どの技術もそつなくこなせることができるので、幅広いユーザーに受け入れられる万人向けのラバーです 同社の看板とも言えるラバーの正統な進化をしたバランスの良いラバーですね 主流になっている「回転系テンション」とは明らかに異なる打球感や球質ではあるので、差別化は図れているラバーです ネックなのは日本国内では手に入らない事と比較的高額である事 ですかね 価格帯としてはテナジーより若干抑え目程度 なので、なかなかラインナップさせづらいラバーといえばラバーです 「G2」の実売価格程度なら人気は出るラバーでしょうね