スピードとナックルがよく出る
「ヤサカ A-1」 大粒

ソフトラバー登場以前はこれが主流であった「一枚」ラバーですね よく「OX」と表記されていますが、これは「オーソドックス」の略らしく、かつての「オーソドックス」であった頃の名残らしいです 現在は裏面にシート替わりで貼るほうが多いのではないですかねえ ですが、近年「全日本選手権」ダブルスで使用者が決勝に進出する等(このラバーではないですが)「一枚ラバーらしい」ボールを武器に結果が出たりしていますね 使い方次第で様々な可能性を秘めているラバーです

 

DSCF0891.jpg   DSCF0892.jpg

 

いやー このパッケージ、記憶している限りでは十数年前と「全く」変わっていませんね シンプルで時代を感じるパッケージです。 このラバーには2種類の粒が存在しており、この「大粒」はスピード重視の設計、「小粒」は変化と安定重視になっています。打ってみると一枚ながら確かにスピードが出る印象、一枚の中でもかなりでますね シートが少し厚めで裏に布目もあるため、接着剤での貼付も楽です

 

DSCF0893.jpg    DSCF0896.jpg

 

粒は縦目で少し間隔が離れています 滑りにくくボールがきれいに乗るので、扱いやすいラバーですね 一枚ながら弾みがよく、しっかり打球することが可能です ナックル性能も高く、ボールを受けるだけで安定してナックルがスーッと飛んでいきます スピードもあるため、返球しやすさの割に攻撃的なボールになるのは大きいです大粒は攻守にわたって使い勝手のいい一枚です 強打すればスピードも出ますし、ブロック等ショート技術は安定した返球が可能です 揺れるようなナックルではないですが、低く直線的なナックルが安定して出るため、コース取りとクセ球で相手のミスを誘うようなプレーで攻めていけますね スポンジがないので慣れていないと違和感がある打球感ですが、これはよく弾む方なので打ちやすいです

異質攻守やカットまでと幅広いプレースタイルで使用できるラバーです 様々なラバーと組み合わせて使用することでプレーの幅が大きく広がります ペン選手だと裏面の重量も大きく関係してくるので、軽量化にはまさにうってつけのラバーですね 打てる上に軽いので、重量の問題はこれで解決です。シート替わりの感覚で使用できます ただ貼っておくだけではもったいないので、裏面のでのレシーブやブロック等、フォア側のラバーと球質に違いをつける事が出来ます 使用することで新たな発見をしたラバーでしたね

一枚 
tti-labo.com