あのシリーズを意識?「紅双喜 謎印 MEMO」

「紅双喜」の看板ラバー「キョウヒョウ」のように1~3と三種類登場した、同社のラバー「謎印 MEMO」です。 ノングルー以前から登場し、ノングルー後も高い人気を誇っている「キョウヒョウ」ですが、後発で新しく登場した「謎印」シリーズ、この新しい「シリーズ」が「キョウヒョウ」ほどの人気をゲットできるかどうか・・・ ノングルー時代に登場した同社の新シリーズに期待を持って使用しました。

 

DSCF1293.jpg   DSCF1294.jpg

赤をベースにした明るいパッケージになってます。 赤でも同社がよく使う抑え目の赤ですね。 「キョウヒョウ」が中国ラバーの中でもよく弾み、少しだけ食い込むという新しいタイプのラバーでしたが、この「謎印」は少し弾みは抑え目で、打ちやすい感じとなってます。打球感もカチカチの中国ラバーからはかなり離れた打球感ですね。  ソフトで中国ラバーにしては重量も比較的軽めです。

DSCF1291.jpg   DSCF1292.jpg

品質は中国ラバーの中でも非常にいいので特に問題はないですね 「キョウヒョウ」は強粘着ですが、この「謎印」シリーズは比較的粘着の少ない「微粘着」になってます。 見た目は強粘着っぽいんですけどね。 ここまでざっと「キョウヒョウ」と比較するとかなり違いがありますねー 「トップ仕様」ではなく、「一般ユーザー向け」な感じが個人的にはします。弾みが適度で硬すぎずに打球しやすいので、中国ラバーになれてない方にはこのラバーから使ってみるといいかもしれません。

トップ選手も使用している「キョウヒョウ」と性能で比較するとかなり物足りないですね~ まずは粘着の特徴である「回転」ですが、これは「キョウヒョウ」のほうが圧倒的にかかる印象です。 「謎印」は従来の粘着のように擦って打つと少し滑ったりしてたんですよねぇ・・・ 「キョウヒョウ」はそういった「すべり」は皆無で、非常に強い回転がかかります。

スピード性能に関してはやや「キョウヒョウ」といった感じでしょうか。 「謎印」はまずまずのスピード性能を有しています。他社のラバーと比較すると結構出るとは思いますけどね。「キョウヒョウ」との比較だとこんな感じです。 ハードヒット時はなかなかいい球出るので、強打メインだといいのではないでしょうか。 球質に関しては・・・・・「キョウヒョウ」でしょうねぇ・・・重いボールがでるのは間違いなく「キョウヒョウ」です。

総合的に性能だけ見ると「キョウヒョウ」のほうが上だと個人的には思います。 ですが、この「謎印」は前陣でピッチで攻めるタイプにはいいかな~という感じですね。 中国ラバーにしては重量が軽いので、振りやすいですし弾みが飛びすぎず安定しているので、速い打点で強打を打っていくタイプの方にはいいと思います。 「キョウヒョウ」がバランス型に対して「謎印」は「前陣タイプ」かなぁ、という印象ですね。 他にも「2・3」とあるので、ものによっては違った印象の物も出てくるかもしれません。中国ラバーにしては打ちやすいので、中国ラバーを試すきっかけとしてはいいラバーではないでしょうか。 もう少し回転かかるといいんですけどね




トップへ戻る