ハードな回転系 「JOOLA rhyzm」

近年の主流である「回転系テンション」の特徴を備えながら、価格は抑え目のハイコストパフォーマンステンションラバー「rhyzm」(リズム)です 硬めの打球感にテンション独特の金属音が特徴の一枚となっています

リズム (3)    リズム (1)

パッケージは黒を基調としたシンプルなパッケージですが、「rhyzm」のロゴデザインがサイバーな感じになっており、カッコイイデザインとなっています 硬度が「48度」と硬めで、打球感はタイトルの通り、ドイツ系にしては硬めです

 

 

リズム   リズム (2)

 

質感はドイツ系らしくしっとりとして綺麗ですが、旧来のものよりややツヤが抑え目になっている印象があります 触るとかなり硬く弾力がありますね ハードな打球感ではありますが、ガチガチではなく、強めの打球に対してはスポンジがしっかりとボールを捉えて食い込みます 軽い力でも飛ばせますが、回転をかけるにはある程度のパワーが必要になる印象ですね

 

回転系ながら球離れは早めで飛び出しも良い為スピード感があり、やや直線寄りの弾道ですかね かなり鋭い印象がありました 同社の「エクスプレスシリーズ」に回転を加味したような印象ですね ですが、弾みすぎてコントロールがしづらい という、ドイツテンション特有の問題はかなり改善されている印象でした 回転量は「rhyzm」の方が増しています 「express one two」はかなり直線的で球離れが早いのでスピード重視でしたが、この「rhyzm」は「express x-prode」と特徴が似ています 「x-prode」の方が球持ちがよく、さらに回転が重視されたタイプですかね 「rhyzm」は硬めながら回転を極力かけやすくして、強打・ドライブどちらもこなせるタイプのラバーになっている印象です

シートの引っ掛かりは良い方ですが、このラバーは食い込ませるほうがさらに回転がかかります 硬めで食い込ませるには力が要りますが、中途半端な力では回転をかける前に飛んでいってしまい、本来の回転性能が出せないですね 食い込ませることで、パワーのあるボールが放てます 強打系は軽い力でもシャープなボールが打てるので、手軽にスピードのあるボールが出しやすいラバーですね 回転とスピードを混ぜた攻撃がかなりやりやすい印象でした バックでの使用はかなり硬く感じましたね 強打系はやりやすいんですが、バックのドライブ系はやや硬さが強く感じます 個人的にはもう少し柔らかいほうがやりやすかったですね 弾みがいいですが、少し前のドイツテンションによくあった極端な球離れが改善されているので、回転はかけやすくなっている印象です

 

少し前のドイツテンションは劣化スピードがかなり早かったですが、「rhyzm」は劣化スピードの方も改善されていますね 短い期間で大幅な劣化はそれほど感じませんでしたが、1ヶ月強~一ヶ月半位で結構劣化が体感できる位です 他社のものと比べるとやや早いかな という印象です コストパフォーマンスを考えるとこれでも驚異的ではありますけどね 実売価格と性能をを考えるとかなりお買い得なラバーです 威力は申し分ないですからね スポンジが硬いので、力がいる事がジュニア・レディースの選手には少し厳しい印象かな 手元で食い込む感じは薄いので、ぶつけて食い込ませる位の感覚で打球する方が回転をかける場合にはちょうど良い印象でした いい意味で「価格に見合っていない」ラバーですね パンチ力のあるボールを求める方におすすめです いいラバーですよ(o^-‘)b



トップへ戻る