スポンジ硬め 球離れが良い 「UNOAMI Hanma」

韓国メーカー「UNOAMI」という新しいメーカーで、ITTF管理番号が3桁で現在1種のみ(2013年6月現在)ラインナップされている「Hanma」です 硬めのスポンジと弾性の良さが特徴です

HANMA SPEED  HANMA SPEED (1)

パッケージは黒一色の背景に白で文字が書かれたシンプルな物です 通常の物に加えて、背景が白色の「FX」バージョンも存在しています 主に中国での販路のようですね 母国である韓国では見かけないラバーです

HANMA SPEED (2)  HANMA SPEED (3)

中国でもやや高価格帯に位置するラバーで、品質的にはまずまずの印象を受けます シートは微々粘着でしっとりとした質感ですね 触ると粘着ほどのベタつきは感じませんでした スポンジは硬めで弾力のあるタイプです 打球感もスポンジの質感らしく硬めでしたね ラバーの特徴がはっきりしていて、わずかながらの粘着を帯びていながらもスピード重視です 薄く擦れる感覚はありますが、回転性能はそれ程高いラバーではありませんでした 打った時の球離れと弾性の良さは特徴的でしたね

うっすらと粘着は帯びていますが、この粘着の影響はあまりなく、打球は軽いタッチで飛ばせるラバーです なのでピッチ系のプレーには向いていますね 回転性能は高くない為、強打がメインのプレースタイル向けです 微粘着効果がややあるかな? というのはツッツキやサーブなどで擦っている感覚が気持ち体感できる程度ですね 性能面で「回転がかかっている」印象はありませんでした 回転をかけるプレー全体に関して印象が薄いラバーですね

弾みは良いですが、他の性能面を瞑ってでも使用するほどのスペックではなく、正直な所「厳しい」ラバーです スピードと弾みが「激的」に良い訳ではないので、使い方が難しいラバーですね ミート系の打球は弾きやすく飛ばせるのでやりやすいですが、本格的な使用には性能不足です 球離れが良いので、もう少しスピード性能は欲しい所でしたね 中国メーカーのガチガチな強粘着ほどの硬さではないので、打球感は硬めですが、打ちづらいラバーではないです ただ、スペックとこのラバーを印象付ける「特徴」という物が皆無に近いですね 品質は悪くないんですけどねえ・・・・ スポンジの良さがあるので、今後どう活かされるか次第ですかね

もう少しソフトであれば、バック用で使用できる弾性は有しているので「FX」バージョンの方が使い勝手としてはこちらよりいいかもしれませんね うーん・・・・もう少し回転がかかり、安価であればよかったんですが・・・・・価格の割に性能が厳しい という印象でしたねえ