軽量+やや直線弾道「TIBHAR CRAZY BULL」

近年では日本の選手と契約する事や積極的なプロモーションを手掛けるドイツメーカー「TIBHAR」から登場した、主に諸~中級者向けテンションラバーである「CRAZY BULL(クレイジーブル)」です 荒々しいネーミングとは裏腹に、軽量で弾み良いテンションラバーとして仕上がっています

  

パッケージはシンプルですが非常に目立つデザインかつ、おしゃれに仕上げられています 先に書いていますが「クレイジーブル」という名前の割には扱いやすいラバーですね スポンジ硬度は「42.5°」となってます 軽い打球で食い込み、テンションらしい飛び方をします 食い込みの割には少し球離れは早く、直線気味の弾道が特徴となってますね

    

ロゴはシンプルですが分かりやすいデザインです スポンジはドイツラバーでは特徴的な気泡の粗いタイプでは無いですね パッと見、高弾性の様なスポンジとなってます シートに関してはマットな質感ではないですが、トップ仕様では主流となっている様な硬いものではなく、やや控えめのツヤで少し前の世代に見られたような質感をしています ドイツラバー特有の光沢のある質感ではないですね ラバーはドイツラバーとしては非常に軽量です スポンジ硬度のみ変更してシリーズ化されたラバーはシートがトップ仕様と同等 というケースもあり、重量が意外にもある というラバーが少なくないですが、このラバーに関しては使いやすく飛ばし易い というはっきりとした特徴を有しています 軽く力を加えると食い込むのでドライブを打ちやすく、また前に飛ばし易いので、食い込ませて飛ばす感覚が掴みやすいラバーですね 回転をしっかりとかけて飛ばすタイプではないですが、打っていて気持ちよいラバーです

トップ仕様のラバーの様に硬いシートに引っ掛けて回転を生み出すタイプのラバーではないです シートに引っ掛けて打つタイプのラバーではなく、食い込ませて打つドライブを打つ方が適している印象ですね 回転性能はそれ程際立ったものではないですが、打ちやすい上にスピードがまずまず出るので、球威よりもドライブの打ちやすさやスピードの出し易さを重視している印象ですね このラバーである程度ドライブやブロック・カウンターといった技術を習得して次にステップアップする というラバーです また、台上での操作性や強い打球が打ちやすく、これはラバーの軽さや食い込みやすさが活きる点ですね

初~中級者向きのラバーですが、スピード性能はまずまず良好ですね 回転性能はやや厳しいですが、食い込ませやすい事でドライブが打ちやすいのは良いです やや直線が強いので、弧線を重視するタイプでは無いですが、ドライブをかけて飛ばす感覚が掴みやすい点に特徴があります ドイツテンションとしてはかなり軽量なラバーで軟らかいので、テンションラバーの弾みに慣れていくには良いラバーと言えます またコストパフォーマンスが非常に良く、このクラスのラバーとしては価格が抑えられていますね 打ちやすくスピードが出るラバー という印象でしたね

tti-labo更新情報はこちらから
裏ソフト
tti-labo.com
タイトルとURLをコピーしました