超低弾性スポンジを採用 変化とブロック力が特徴「巨竜 612ガードスポンジ」

強烈な変化幅が特徴の変化系表ソフト「612」には様々な種類がありますが、このバージョンは低弾性のガードスポンジを採用したバージョンです スポンジが低弾性でソフトなスポンジとなった事で、抜群のブロック力を発揮するラバーとなっています

 

 

 

  

 

シートに変更はないですね サンプルバージョンとの事なのでパッケージは無く、フィルムパッケージのみとなってます 初期の頃と比較すると品質面では大きく向上している印象は受けますね

 

  

 

赤くて軟らかいスポンジがガードスポンジの特徴です スポンジ厚は0.5㎜程度ですかね 薄さはかなりありますがスポンジの特徴であるボールをキャッチする能力は高いです ラケットがかなり弾む物と組み合わせた場合でもかなりボールを抑え込む事が出来る点が優れている印象ですね

 

変化系の表ソフトという位置づけの612ですが、クセの強さがかなりあるため打球の難しいラバーです スポンジが特厚相当のラバーで已打底等、バージョンもかなりありますが、そういったタイプはかなり弾むので扱いが特に難しいものとなっています ガードスポンジではかなり弾みが抑えられているので、強い打球を打たれた場合でも飛びすぎるという事はなくなっています ただし通常の打球では低弾性すぎる事や612の特性上、滑りの強さ等の使いにくさがある為、角度と飛ばし方にコツのいるラバーという印象ですね

 

弾道は表ソフトの直線的でスピードのある弾道から、初速が粒高と比較して早いものの表ソフトとしてはかなりゆったりとしたスピードととなっています これはラバーの厚さもありますが、ガードスポンジの特徴が良く出ている印象ですね 球離れが一般的な表ソフトの様な早さは無いので、ここがブロックしやすくなっています 飛距離が出ないので細かな打球の際にかなり調整が必要になってきますが、非常に良く止まる表ソフトとなっています 変化性能は屈指のスペックで癖が相当に強いものの、得られるものが多いのがこのラバーの特性ですかね

 

 

粒高的な使い方により近くなった半粒といった印象ですかね 低弾性でボールを掴まえる特性のスポンジが薄いスポンジながらしっかりと発揮されています 変化の強いシートとの相性はかなり良いです 飛ばす事が難しくなっているので、攻撃的な打球の際に通常の612と比較すると飛ばし辛さはあります またカットの際にも距離を出すのが難しくなるので、抑えやすくなっている反面、距離を出すには慣れが必要になってきます 612の変化幅を活かしながらボールを止める事に特化したラバーといった仕上がりですね

tti-labo更新情報はこちらから
珍品・迷品
tti-labo.com
タイトルとURLをコピーしました