トップ仕様テイスト 硬さと回転のかけやすさが特徴「STIGA DNA FUTURE M」

新たなトップ仕様ラバーのシリーズとしてSTIGAからラインナップされている「DNA」シリーズですが、弾みや厚さを抑えたタイプとして登場しているのがこの「DNA FUTURE M」 主に初~中級者向けにカテゴライズされているラバーですが、硬さや飛び方等、トップ仕様的なスペックを有しているラバーです

  

DNA PROシリーズと比較すると光沢のある青系のパッケージで目を引きやすい物となっています このラバーは厚さが「厚」までしかないですが、弾みを抑えているとはいえテンション系なので弾性に関してはまずまず良好といえます が、軽く当てて弾き出す様な飛び方ではないので、回転のかけやすいタイプですね

    

STIGAのラバーはトップ仕様含め、裏ソフトでは日本製がラインナップされてきましたが、DNAシリーズでは「ドイツ製」となってます DNA FUTURE Mのスポンジ硬度は「47.5°」と、初~中級者向けのラバーとしては硬めに仕上げられています プラボールとなって、トップ仕様のラバーのスポンジ硬度が少しずつ固くなってきていますが、かつてのトップ仕様の多くは47.5°というスポンジ硬度が多かった為、初~中級者をターゲットとしたラバーの中では威力を重視しているラバーです シートはプラボール後に多くみられた、マットなタイプではなく、少し世代を遡った様なツヤのあるシートに気泡の粗いスポンジが特徴です シート自体はトップ仕様の様な硬さは無いので、スポンジの硬さはありつつも回転がかけづらい という事はないですね 引っ掛かりが良く、弧線の作りやすいラバーです

弾性やスポンジ厚の関係で飛距離が出ない点がネックですが、前~中陣で回転をしっかりとかけて飛ばす分には十分な弾性を備えている印象「もう少し飛ばしたい」というラバーですが、厚としてみると弾みは良好です 特厚があっても良いですね 弾み過ぎる事が無いのでしっかりと振り抜いて回転をかける事を掴みやすいラバーです その際に少し硬さがあるので、トップ仕様のラバーを試す前に使うラバーとしては適しています ややスピード性能は抑えめではあるものの、回転性能が良いので、ラケットである程度スピードをカバーする必要があります 下がらずに早い打点でドライブを打つスタイルには飛びすぎてオーバーする という事が無いので、前陣でのスタイルに活きるラバーではありますね

本格的なトップ仕様のラバーに近いスペックがあり、回転性能の高さが特徴となっています 弧線弾道が作りやすくシートの引っ掛かりが良いので、ドライブをしっかりとかけていけるラバーです スピード性能や飛距離は物足りない面があるものの、初~中級者がトップ仕様での回転をかける際に硬さやテンションの弾み方に慣れていくラバーとしては良いラバーです スピードや飛距離をラケットでカバーできると回転とスピードのバランスが取れるので、万人受けするラバーですね ネックなのは特厚が無い事ですが、これはこのラバーを手に取るターゲット層の中では少数になるので、仕方のない部分です これだけのスペックを有しながら非常にコストパフォーマンスに優れており、2・3枚目に選ぶラバーとしてはお薦めしやすいラバーですね