日本製スピードタイプ 軟らかさと優秀な弾性「ニッタク 颯44」

硬式同様にラージボールも回転性能を重視した物が主流となってきている中、スピードタイプのラージボール用ラバーとしてラインナップされいる「颯44」です スピードタイプのラバーとしては比較的ソフトでありながら、直線的な弾道と弾性が特徴のラバーとなっています

  

パッケージはピンク系の目立つカラーを背景にシンプルに「颯」文字を中心に置いたものとなっています 文字は青系で光沢のあるものですね ラバーのスペックはメーカー表記で「スピード 16.00」「スピン 13.50」とスピードタイプらしいスペックとなっています

    

粒は小粒ですね 間隔は離れています 配列は縦目です スポンジは同社独自のスポンジである「AC(アクティブチャージ)」を採用しています スポンジ硬度は22.5°となっており、スピードタイプとしては軟らかい物となっています スピードタイプのラージボール用ラバーは30.0°前後の物が多く、若干硬い打球感と球離れの良さが特徴のものが多い傾向ですが颯44ではその様な事がなく、その為打球時の食い込みが少し強いですね 弾道は先に書いた通り直線的なものとなっていますが打球時に軽く掴んで飛び出すので球離れが早すぎる事がないですね

回転性能はスピードタイプなので際立った性能ではないものの粒の引っ掛かりがあり、回転のかけやすさが特徴となっています 打球時に食い込み、シートでしっかりと引っ掛けてドライブを打つことが可能です バウンド後の伸びがかなり良く、スピードを活かすドライブが打てるラバーですね ハードヒット系に関しては食い込みの良さがあるので好みの分かれる印象 飛び出し方は良いですが、硬めの打球感を好む場合はラケットによる調整が必要になってきます 強打を主体とするプレースタイルの場合、弾きを優先するとこの掴みによる影響は多少ある印象を受けます 飛距離は非常に良く、多少下がった位置からでも十分なスピード性能を確保しながら飛ばす事が可能ですね

スピードタイプのラバーとしては使いやすく引っ掛かりの良さが特徴です 弾道は直線的ですが、極端な直線弾道ではなく、スピード系特有の低い弾道でボールがバウンド後に伸びる特性を有しています スピードタイプとしては軽く掴んで飛び出す特性がある為、台上での打球やレシーブ時に飛びすぎてコントロール性能に難がある という事がないですね 特に台上でのドライブやフリック等、攻撃的なレシーブに安定性を出せる点がグッドです また、ブロックやカウンター時に軟らかさと飛び出しの早さがあるので、安定させながらスピードを活かしたボールが打てるのは良いですね 回転性能はスピードタイプなので際立って優秀ではないですが、引っ掛かりは良いのでドライブが打ちやすいのは大きいです 強打時に食い込みが出てくるので、強打を主体とするスタイルには好みが分かれる印象ですね スピード系の裏ソフトの特徴をラージボールに移行しているラバーです 性能面ではかなり優秀で特徴のはっきりとしているラバーですが、ネックとなってくるのはコスト面ですかね ラージボール用のラバーとしては非常に高価格帯に位置しているラバーです 耐久性や弾性の劣化は比較的緩やかでありますが、コストパフォーマンスが「良い」とはいい辛いです とはいえ非常に優れたスピード性能がありながら使いやすいというのは魅力ですね