細身のSTグリップが特徴 軽量で程よい弾み「ミズノ デネブ」

シューズを中心に優れた用具を展開する総合スポーツメーカー「ミズノ」から登場している中国式ペンホルダー「デネブ」です 2019年11月現在で同社からラインナップされている中国式はこのラケットのみとなっています スペックとしては軽量で程よく弾む5枚合板となっています

  

ブレードサイズはメーカー表記で「158×151mm」となってます シェークのブレードサイズと同等すね 少し丸みが強いブレード形状です グリップサイズは「83×23.5」です 細身のSTグリップで日本式からの移行に適した細さとなっている印象ですね

  

  

平均重量は「72g」なのでこの個体はほぼ標準ですね 非常に軽量で両面に厚いラバーを貼った場合でも振り抜きやすい重量にする事が出来るラケットです 鷲摑みをするには細いグリップですが、前述した通り、日本式から移行する際にグリップが太すぎないので、違和感を抑える事が可能です 板厚は「6.0mm」と厚すぎず・薄過ぎず ですね

打球感はそれ程硬いという事はなく、僅かに弾きのある印象 掴み重視の5枚合板と比較すると飛ばしやすいタイプです とはいえ5枚合板の範疇なので使い易さと程よい弾みのバランスが特徴のラケットですね 打球感に軽さはあるものの、打ちやすいラケットです 利点としては軽量で飛びすぎないという点ですので、威力重視の重量のあるラバーを合わせた場合にも総重量を抑える事が出来るのは大きいですね

打球感自体はそこまで硬くないのでソフトなラバーを合わせた場合にはラバーの食い込みを損ねない組合せとなる印象 食い込ませて回転をかけるには適した組合せとなります 僅かな弾きの関係で掴みを重視したラケットと比較すると飛ばしやすくはなるので、掴んだ後に飛ばしづらい というのは軽減されます ラケット自体の弾性が際立ったものではないので、弾性を確保するにはある程度ラバーの弾性を重視する必要があります ラケット自体のスペックはベーシックな5枚合板なので、ラバーで威力を出し、ラケットでコントロールをするタイプですね

前述した通りラケットが非常に軽量で大きすぎないので、トップ仕様のラバーや粘着ラバー等を合わせた場合でも総重量を抑える事が出来るのが最大のメリットです 粘着系の場合は流石に飛距離やスピード面で厳しい部分は少なくないですが、弾性を何処まで確保できるか という所ですね ラケットのスペック上、テンション系で弾みの良いものの方が適しています ドイツテンションや日本製テンションといった主流の裏ソフトの特長を活かしながら回転のかけ易さを求めるには良いですね 下がると飛距離は厳しくなるので、前~中陣位が中心になりますね これはラケットの特性上、仕方のない部分です 表ソフトと合わせた場合には僅かな弾きがあるので、弾いた時に掴みすぎず、組み合わせやすい印象 若干硬めのスポンジの方が良いですが、弾性のあるドイツテンション表等もラケットが飛び過ぎないので合わせやすいですね より硬質なスポンジの方が弾きやすいですが、軟らかめのスポンジでもまずまず といった組合せです 粒高との相性も良く、守備重視のスタイルではなく、攻守のバランスを取るスタイル向けとしては良いラケットです

スペック的にはベーシックで少しだけ弾く5枚合板ですが、非常に軽量で振りやすい点が優れています また、細身のグリップが日本式からの移行に適しており「中国式は太くて握りづらい」というのを解消した細さです 総重量を抑える事が出来るので両面にラバーを貼りやすく、裏面を始めるラケットとしても適した物となっています ラバーをあまり選ばないタイプのラケットですが、ラケット自体には威力を求めるのは厳しいです トップ仕様のラバーを両面に貼って総重量を抑える事が出来る という点がこのラケット最大の魅力ですね 威力を優先したラケットではないですが、使いやすいラケットです