粘着表 ラージボールバージョン
「アームストロング ロジン ラージバージョン」4.0 特厚相当

アタックエイトや赤マーク等、数多くの表ソフトを手がける老舗メーカー「アームストロング」ですが、粘着を持たせた表ソフト「ロジン」もその一つです ラージボールバージョンは基本的に硬式用のラバーと同名でラインナップされており、ラージボール用のロジンには他に「シェーク裏面用」「PZC-SP」の3種類がラインナップされています

  

パッケージは硬式・ラージボール用共通デザインです シールによってラバーの種類を判別する形を取っている為、注意が必要です ロジンに関してはアタックエイト程の種類があるラバーではなく、3種類とも特徴がはっきりしているので、スポンジでの判別は容易な方ですね

  

アームストロングのトップシートは基本的には硬式と同様ですね ロジンも同様の形を取っています スポンジを極軟性スポンジである「PZC-SP」等を始めとした「ラージボール用スポンジ」でラージボール用として調整している事が多いです また「アタックエイトEX-X PZC-SP」の様に「硬式・ラージ共用可能」というラバーもあるので、スポンジ次第では硬式・ラージボール専用 というのを気にせず使用できる部分がありますね(硬式時のスペックは安定性重視の変化系表に近い) ロジンの特徴としては「粘着」を帯びた粒で、これが回転のかけやすさに繋がる というのは硬式での特徴でした 粒配列は縦目で形状は円柱+台形となってます

硬式ではスポンジ硬度は「40度」で、これは同社の硬式用表ソフトで採用されいてるスポンジとしては最も多いタイプです 硬式用のラバーとしてはロジンは「ハイソフトバージョン」の1種類のみで、ラージボール用が3種類ですから、ラージボール用の方が多くラインナップされている事になります このラージボールバージョンはスポンジ硬度は「30度」ですが、ラージボール用としては少し硬さのあるスポンジで、硬式での打球感に近い物は「少しソフトな高弾性表」ですかね 球離れや反発力は控えめで、高価格帯に位置するラージボール用のラバーと比較をすると、スペック面ででは大人しいラバーとなっています 良くも悪くも弾性や球離れは硬式用のロジンとの差異が少ないですね

少し硬さのあるスポンジでPZC-SPの様な極端な食い込みは無いですが、粘着を活かした摩擦+回転のかけやすさを重視した場合はPZC-SPタイプの方が使いやすく、ドライブの打ちやすいラバーです ラージバージョンでは前述していますが、軟らかめの高弾性表ソフトに近い打球感をしているので、この感覚でラージに移行するには丁度良い打球感という印象ですね 弾性は高いラバーといえないですが、程々に硬さがあり、ハードヒット時極端に食い込まないです ラバー自体のスペックが際立っているタイプではないので、ラケットの組合せ等で調整する必要がありますね 回転性能も同様に際立って高いものではないですが、粘着があるので擦り易さ というのはありますね

高弾性表を使用していてラージボールに移行する際に打球感が軟らかくなり過ぎない点が利点ですかね 飛ばしづらくはなりますが、強打した際に潰れるような食い込みは軽減されます 基本的に回転のかけやすさと変化性能に特徴があるタイプのラバーが多いメーカーですが、ラージバージョンのロジンは個性の面では大人しいラバーです 回転のかけやすさはあるものの「回転性能が高い」というラバーでもないですしね 同社のラージボール用としては手に取りやすいタイプのラバーです コストパフォーマンスもまずまず ですかね  タイプとしてはドライブよりも強打を中心に組み立てるプレースタイルに適しています 硬式時にもう少し変化性能が近づくと良かったですね




トップへ戻る