硬式から移行しやすい 「ヤサカ ラージプロ」

同社初のラージ用ラバーとして登場し、廃盤となってしまった「ラージプロ」ですが、メーカーのキャッチフレーズどおり「あらゆる技術に対応」できるラバーとなっています 使いやすく、ラージボール独特のクセが少ないラバーです

ラージプロ  ラージプロ (2)

パッケージは独特なカラーリングとデザインが特徴です 現在の同社のパッケージはカラーリングが鮮やかな物が多いですが、少し前~90年代はこういった独特な物が多かったように記憶しています 背面を見るとクラシカルな雰囲気が漂っていますね

ラージプロ (3)  ラージプロ (1)

ラバーもシンプルに仕上がっている印象です また、小粒な物が多いラージ用ラバーにおいて、ラージプロは硬式に近い粒形状や大きさをしています 配列は縦目で粒は少し間隔が詰まっていますね 粒形状は台形+円柱です  スポンジ硬度はメーカー表記で「25~30度」となっています 軽い力で押して食い込む程かなりソフトです 食い込みは良いですが、打球をした際に潰れるような独特の感覚は少なく、適度に反発するので、他社のラバーと比較して打ちやすい印象でした

食い込みと粒の引っ掛かりが良いので、回転のかけ易さは特に印象的でした ドライブを打球する際の食い込みと引っ掛かりのバランスが良く打ち方を変える必要が無いのは大きい点ですね  スピード性能は同価格帯の中ではまずまずの弾性を持っている印象ですが、 軽い打球で飛ばすには厳しいのである程度しっかりと振る必要はあります  この価格帯の中では「初心者向け」とされているモデルが多いですが、程よい反発に加えてドライブ時の回転のかけやすさやスマッシュ時に食い込みすぎて飛ばせない という事が少ない等、総じて使い勝手が良い印象ですね

しっかりと打っていけるのでどの技術もやりやすいラバーですが、やはり弾性がもう少し欲しい所ですねえ ラケットで弾性をカバーする必要はありますね 特にショート・ブロックの様な打球は弾みが欲しい所です 引っ掛かりと食い込みが非常に良いので特にサーブや台上での回転のかけ易さは特筆です 強い打球をしてもオーバーしづらいので、ここは大きいですね

打球感やボール飛び方が良く、硬式に近い感覚で打つ事が可能なラバーですね 軟らかさの割に潰れすぎて反発しない という事は無いラバーでした 弾性はそれ程高い物ではないですが、強い打球にはまずまずスピードは出るといった印象です 回転のかけやすさの方が印象としては強いです ネックとしてはやはり弾性の物足りなさでしょうか それ以外は非常に使いやすいラバーですね 突出した性能ではないですが、クセが少なく硬式の感覚を損ねず打てるのはグッドですね 廃盤となり残念ですが、非常に使いやすくバランスの取れたラバーです