シンプルな表ソフト 「JOOLA AMIGO」

ヨーロッパメーカーには珍しく表ソフト開発には積極的な「JOOLA」ですが、その中から安価な価格が魅力だった「AMIGO」(アミーゴ)です。 「TANGO ULTRA」等をはじめとするテンション系表ソフトがが結構好評な中、地味~にラインナップされていましたがとうとう廃盤となってしまいましたね(ノд-。) そんな地味ではあったラバーですが、使えないというわけではなく、いたってベーシックな表ソフトでした。

 

DSCF0885.jpg  DSCF0888.jpg

 

黒をベースにした地味~なパッケージです。赤の模様がミラーボールを連想させます。 粒の配列は縦目で太さは太目、間隔は少し離れてますかね。 打球感非常にソフトですが、表ソフトらしい直線的で初速はなかなかの物です。硬めの打球感が苦手な人にはコレはいいと思います。 高弾性の割に弾みがよく、ソフトで使いやすいので悪くはないんですけどねぇ

 

DSCF0889.jpg   DSCF0890.jpg

 

ツヤの抑えてあるシンプルなシートですね。 見た目も典型的な「スピード系表ソフト」です。シートにすべりがあり、回転性能はちょっといまいちですね。かからないことはないんですが、ちょっとしたコツがいります。「シートがすべる」ということは「ナックル出るのか?」と思ったんですが、コレが思ったより出ないんだなぁ・・・・「(´へ`; 重たいナックルというよりは少しだけ揺れるような感じですね。使ってみた率直な感想はというと「スピード重視で回転はまぁそこそこ、でもかけづらい」という感じですかね。スピード系なのでスピード性能は結構いいです。回転性能はまぁまぁ、といった所でかけづらさもあることから進んでコレ使わなくてもなぁ、という感じがしますね~ 打球感はソフトで打ちやすく、反発力が十分あるのでペン選手が使うよりはシェーク異質選手が使ったほうがいいと思います。回転は「裏ソフト」でカバーできますからね。 使いやすくて高反発力なので、安定した攻撃をしたい表ソフトをお探しの方にはこれはオススメでしたね 価格もかなり安かったですし

ただ残念なのはコレ、ほんとに「地味すぎる」んですよ。 そんなに悪いラバーじゃないんですけどねえ ラケットによっては少し「飛びすぎる」と感じるくらいの反発力持ってるんでソフトにかっ飛ばせるんですよ。 その反面、小技やりにくいなぁ、と感じるところも少しありましたが・・・まぁこれは厚さ調整でどうにでもなりますしね。 コレにもう少し高い回転性能があればなー シートのすべりが回転をかけづらくしてました。 まぁそれも「表ソフトの特徴」といえば特徴なんですけどね。 最近のやつはかけやすい物が多いですから、時代にあってなかったのかもしれません。

グルー使えたらこのラバー相当いい線いってますよ。 それだけにもったいない気もしますね 登場した時期が悪かった・・・・という感じですね。