太陽系唯一のリスト外
「銀河 天王星」

太陽系の惑星の名前をつけているシリーズのラバーの中で唯一のリスト外である「天王星」です。これは「銀河」唯一の表でもあったんですよねぇ・・・・・ もうひとつ「冥王星」がありますが、あれは「半粒」ですし、太陽系からも外れているので、太陽系シリーズではなくなっていますね

 

DSCF1373.jpg   DSCF1374.jpg

 

赤いパッケージが非常に目立ってます このラバー一応「テンション」のようですね。写真左の左下に「H.TENSION」という文字があります。 ラバーの品質は正直「・・・・・」ですね 低価格帯のラバーなので質感は安価な中国ラバー相応 といった印象です

DSCF1375.jpg   DSCF1376.jpg

 

このようにうっすらと白くなってしまってます 他社の中国ラバーと比較た場合でも品質面には大きく差があり、かなり品質は悪いですね さわってみると粒に引っ掛かりがなく、すべりがかなり強そうな印象を持ちました 実際に打ってみると、かなりすべりがひどく落球をくりかえすという、非常に使いづらいラバーでした。 スポンジはテンションと思えないほど弾まず、硬いですね。 これはテンション効果皆無だと感じました

すべりが相当な物なので、普通に打球するだけでも一苦労でした。 加えて弾みが弱いので、自力でしっかりと飛ばす必要がありましたね。 常に面を出して打たないとネットにすぐ引っ掛けてしまうので、フォアで使うには角度の調整等がシビアで扱いづらい印象がでした

ボールがラバー上でものすごくすべるのでショート時に相手の回転を受けるとものすごいナックルボールになって返球できます。 加えて弾性が低いため、低く短いナックルボールがユラユラと飛んでいきます。 フォアでの使用を早々に見限っていたので、主にシェ-クでのバックハンド用として使用していましたが、この驚異的なナックル&変化性能に驚いてましたね「使いづらいが、この止まり方とナックルはすごい」 とのことでした

自分自身も相手のドライブを受ける際には非常にとめやすく重たい変化ボールが出せるので、ブロック性能に関してはピカイチなラバーであるとは思います。 ただし、このすべりが活かせないとホント「ひどいラバー」としての烙印は押されてもしょうがないですね ブロック以外は滑りすぎて使えませんし・・・・レシーブ・攻撃どちらもクセがありすぎて、やりづらかったです このラバーの特性を知った上で、使いこなせるといい武器になるのではないでしょうか。 自分はもう使いたくはないですが・・・・・・・゚・

※2020年現在では「Uranus Poly」として仕様変更し、リスト記載されています