あの感覚がかなり再現
「air illumina α サウンド」 真空タイプ

日本国内で強烈なインパクトを残したラバー「illumina」 その中でも初期の「X25」は圧倒的なスピード性能と弾性を誇り、国内のテンションに匹敵するといっても過言ではないラバーに仕上がっていました その後登場した「illumina」はロットによって性能が激変するので、継続使用の難しいラバーとなっていましたねえ 今回の「illumina 」は「α」「δ」の2種類と3種類の硬度から選べるように改良されています

 

 

 

イルミナαサウンド 真空 (2)   イルミナαサウンド 真空 (3)

 

旧パッケージは高級感のある銅のような鈍い輝きを放つパッケージでした 今回の「illumina」のパッケージは炎をイメージした目立つ物になっていますね 今回は一番ソフトな「サウンドスポンジ」を使用しました

 

イルミナαサウンド 真空 (5)   イルミナαサウンド 真空 (1)   イルミナαサウンド 真空 (4)

 

シートには大きな変更はないようです 非粘着でサラッとしたシートで引っかかりはないですね  旧X25のような爆発的な弾みはないですが、弾性は高い性能を持ってます スポンジがかなりソフトなので食い込みが強く、ボールの持ちはかなりありますね そのため弾みがよい割にコントロール性能は抜群によいラバーです

 

シリーズ共通としては「回転性能」 これがやはり厳しい物がありますね シートで回転をかけるのは厳しいので、スポンジに食い込ませるようにして回転をかけるタイプのラバーですが、「う~ん」ですねえ いい弧線は描きます スピード系のボールはバウンド後に伸びるので、これまでの「illumina」同様 スピードタイプのラバーですね ソフトなスポンジの宿命でボールがかなり軽く感じますが、スピードで押せるのは魅力ですね

 

ソフトなのでバックでの使用が多くなりましたが、相当安定しますね~ ラバーも軽いので重量面も問題なしです やや下がり目でも問題ないですが、下がりすぎるとボールの威力が抑え目なので、前~中陣での使用がいいのではないでしょうか フォアだと食い込みが強すぎるのでちょっと厳しいです 旧X25並の反発力があるなら問題ないんですけどね フォアではパワー不足な印象でした

 

相当ソフトで扱いやすいラバーですがスピード性能が高く、弾性もかなりの物でした 失速も早いので威力が落ちてしまう前に前陣でたたみかけるようなプレーに効果を発揮するラバーですね 当てるだけで弾むラバーではないので、ブロック・カウンターは安定性抜群でした 回転性能は抑え目ですが、スピードを活かした伸びるドライブは強力です 旧X25以降の「illumina」ではいちばん再現率の高いラバーですね