赤専用ラバー 性能アップバージョン
「KTL RED DIAMOND」

黒専用ラバー「BLACK POWER」と対をなすラバーとして話題となった赤専用ラバー「RED DIAMOND」が社名の変更とともにしようも変更し て再登場となりました なぜ「LKT」が「KTL」に社名変更したのかは詳しい経緯は不明ですが、ラバーの方は一新されており、性能が若干向上しています

KTL RED (1)   KTL RED (2)

 

パッケージは旧「RED DIAMOND」ですが、旧バージョンではスポンジが2種類存在していましたが、KTLバージョンでは「ゴールデンケーキスポンジ」が採用されています 旧バージョンに比べて品質が良くなっています

KTL RED (3)   KTL RED

黒専用はたびたび見かけますが、赤専用というのは非常に珍しいですね  ラバーは微粘着ですが、旧バージョンほどのムラが無くなり、均一になっています シート同様にスポンジも赤いラバーです 弾性はそれほど強めではなく、球離れは少しだけ早いかな? といった印象です スポンジは触ると食い込みがよく弾力がありますが、打ってみると、触った印象等は異なり、少しハードに感じます これは意外でしたね

ラバーのスペック表を見ると若干ではありますが「回転重視」となっています とはいえ、スピード性能はそれほど悪くはなく、しっかりと振ればある程度スピードは出る印象でしたね 回転性能は旧バージョンと比べ、かけやすくなった上に回転量も増加し、総じてバランスが良くなった印象があります 弾道は直線的かつ低くなりやすい球質になっています 粘着は薄めですが引っかかりがよく、擦りやすくなってます スポンジも適度な球持ちがあるため、打ち方を選ばないラバーになっていますね

 

旧バージョンのノーマルスポンジと比較すると、打球感がソフトでスピードと回転のバランスが良くなった印象ですね 品質はかなり改善されており、綺麗に仕上がっています シートが若干脆いせいか、軽く台にぶつけた際に裂けてしまうことがありましたが、ラバーの性能自体は劣化が緩やかで持続性はまずまずありそうです 反発力はそれほど強くないので、下がり目でのプレーに厳しさはありますが、威力と使いやすさの両立は出来ているラバーです 中国ラバーの場合は多くがフォアに「黒」を持ってくる為、「赤」はバック用のイメージが強いですが、フォア・バックどちらでも使いやすいラバーでした バックで使用する場合は球持ちの良いラケットの方が打球感とのバランスが良くなる印象ですね 柔らかすぎないので、ハードヒット系の際に食い込みすぎる事がなく、弾き飛ばしやすいラバーでした

 

BLACK POWERの陰に隠れがちなラバーですが、ラケットも素材・木材をそれほど選ばないので、選択肢が広くなるのは大きいですね 際立った特徴は無いんですが、バランスの良さは安心感があります もう少し何か特徴があれば・・・・というところですかねえ 性能が向上したのはグッドでしたがもう少し回転性能があるとより「特徴的」になっていたかもしれません 打ちやすい いいラバーなので、新バージョンに期待ですね

裏ソフト
tti-labo.com