トップ仕様としては使いやすいタイプ GFシリーズに繋がる「ミズノ クエーサー」

現在、シューズでは圧倒的なシェア獲得に成功している総合スポーツメーカー「ミズノ」ですが、ラバーに関しては表ソフトの「ブースター」シリーズがスペックとテンション系としては安価なラバーとして認知されるようになっています 裏ソフトのテンション系では「チャージ」シリーズや「プラウディット」シリーズ等が登場し、この「クエーサー」とソフトスポンジバージョンである「クエーサーMF」がラインナップされていました 現在はスペックアップが図られた、プラボール対応ラバー「GF」シリーズが登場していますが「使い易さ」はクエーサーからそのまま継承されているラバーですね

  

GFシリーズのパッケージはGF-PROが「金」 GF-Tシリーズが「銀」をベースにした目立つパッケージとなっていますが、クエーサーは黒をベースにカラフルなデザインが施されたパッケージとなっています スポンジ硬度は「47.5°」と他社のトップ仕様と同程度の硬度を採用していますが、プラスチックボールでも打球感はそれ程硬くなく、打ちやすいラバーですね

  

ラバーはドイツ製です 質感はツヤのあるシートに気泡の粗いオレンジ系のスポンジ、と 見た目では他社のラバーと似ている部分が多いですね 前述した打球感以外ではやや弾く感じはあるものの、飛び出しが早すぎず、コントロールのしやすいラバーといった印象です

プラスチックボールでは打球感は47.5°のラバーとしては硬すぎず、扱いやすいラバーですが、回転をかけた際、特にシートで引っ掛けた時にスリップする感があります 強く打球することで食い込ませる事が出来るので、食い込ませて回転をかける事も出来るタイプのラバーですが、プラスチックボールでは回転性能の減退が大きく、スペック的には厳しくなってしまっています スピード性能は際立ったスペックではないですがまずまず良好です 弾道はやや弧線が強めですね スペックアップされた、GFシリーズの方が弧線はより作りやすくなっている印象です

プラスチックボールでの使用は滑りが目立つ印象で、これにより回転性能が厳しくなっています シートでの引っ掛かりが特に気になりますね GFシリーズと比較すると、GFシリーズの方がより掴む感覚が強くなっている印象で、ドライブがかなり打ちやすくなっています 弧線が非常に作りやすく、安定したドライブが打ちやすくなっています ただしGFシリーズは食い込ませて回転をかけるタイプなので、打ち方によっては好みが大きく分かれます よりラリー向けになっている印象です ですがGFシリーズはクエーサーよりも安価でスペックアップされているので、クエーサーの果たした役割は大きいですね